運営からのお知らせ

漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

八鋼弁証について(その1)

投稿者:choline 投稿日:14/05/19 17:54 view46view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

今回は中医学の弁証の基礎ともいえる八鋼弁証(はっこうべんしょう)について。

 

なぜ八鋼弁証というのか。

表・裏・寒・熱・虚・実・陰・陽の8つのことを指しているとか、

表裏・寒熱・虚実の組み合わせが全部で8組あるからとか、

諸説あるようです。

 

この8組というのは

表寒虚・表寒実・表熱虚・表熱実・裏寒虚・裏寒実・裏熱虚・裏熱実の8つです。

(2x2x2=8つの組み合わせですよね)

「表寒虚(ひょうかんきょ)」とか「裏熱実(りねつじつ)」、というふうに読みます。

 

 

では表裏・寒熱・虚実とは何かそれぞれ説明していきます。

 

表裏とは病気がどの部分にあるかを表わします。

 

「表」は体の表面に病邪がいる状態、「裏」は体の内部に病邪がいる状態です。

感冒や皮膚症状なんかは「表」、生活習慣病の類は「裏」という感じです。

 

寒熱とは病気の性質を表わしています。

 

「熱」を持っているのか、「寒」を持っているのか、ですね。

 

虚実とは病気の勢いを表わしています。

 

「実」とは病邪の勢いが盛んであり、正気(自然治癒力)と邪気(病気の原因)が激しく争っている状態で、症状が激しいことが多いです。

「虚」とは正気(自然治癒力)が不足している状態です。

 

 

また次回にもう少し掘り下げていこうと思います。

 

 

一応、前回の六経弁証について書いたブログのリンクも貼っておきます。

六経弁証について

 

 

今回のポイント

・表裏とは病気の位置

・寒熱とは病気の性質

・虚実とは病気の勢い

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る