漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

八鋼弁証について(その2)

投稿者:choline 投稿日:14/05/30 17:35 view64view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

八鋼弁証の「表裏」と「寒熱」についてもう少し補足していきます。

 

前回、表裏は病気の位置を表わし、

感冒や皮膚病なんかは「表」、生活習慣病の類は「裏」と書きました。

だからと言って、皮膚病の全てが「表」であるわけではない、と私は習いました。

 

古方では皮膚病は表証と捉えるが、中医学では裏証と捉えることもあるそうです。

患っている期間で捉え方が違うそうです。

2、3か月くらいなら「表証」と捉えます。

慢性化しているものは「裏証」、というイメージでしょうか。

症状が見える場所に出ているから「表証」というわけではないということですね。

難しいです……。

 

 

それでは寒熱についてですが、その原因によって

熱は「実熱(じつねつ)」と「虚熱(きょねつ)」、

寒は「実寒(じつかん)」と「虚寒(きょかん)」に分けられます。

 

これを説明するのに下図をニュートラルの状態としてイメージしてください。

「実熱」は水の量は変わらず、火がボーボーと燃え盛っているイメージ。

「虚熱」は火の量は変わらず、水の量が減っているイメージ。

どちらも熱症状が出ているのですが、

「実熱」の方は火が強すぎて、水で冷ますのが追い付きません。

「虚熱」の方は冷ます水が少ないため、火は普段通りなのに結果的に熱が出ている状態。

 

「実寒」は火の量は変わらず、水が大量にあるイメージ。

「虚寒」は水の量は変わらず、火が消えかかっているイメージ。

どちらも寒症状が出ているのですが、

「実寒」の方は冷たい水が増えすぎて、身体が温まりません。

「虚寒」の方は温める火が弱すぎて、身体が冷えています。

 

このように、同じ熱にしろ、寒にしろ、原因が違うため対処法が変わってくるのです。

「実熱」は火力を抑える必要があり、「虚熱」は水分を補う必要があります。

「実寒」は水分を減らす必要があり、「虚寒」は火力を増やす必要があります。

 

ちなみに、西洋医学には冷ます薬として解熱剤がありますが、温める薬はありません。

 

ちょっとクドクド書いてしまいましたが、寒熱のこの違いは個人的に結構重要かなーと思っています。

ぜひ覚えておきましょう!

 

 

前回のブログはこちら

八鋼弁証について(その1)

コメント

回答:4件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る