漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

臓腑について

投稿者:choline 投稿日:14/06/04 16:55 view118view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

今回は臓腑について。

 

「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

 

中医学における生理代謝の中心は「五臓六腑」にあります。

 

 

五臓とは「肝・心・脾・肺・腎」(かん、しん、ひ、はい、じん、と覚えましょう)

 

六腑とは「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」(たん、しょうちょう、い、だいちょう、ぼうこう、さんしょう)

 

のことを言います。

 

 

「肝は胆」、「心は小腸」、「脾は胃」、「肺は大腸」、「腎は膀胱」とそれぞれ表裏の関係にあります。

「表裏の関係って?」と思われるかもしれませんが、

単純に関わり合いが深いという認識で良いと思います。

(肝に問題が生じているとき、胆にも問題が生じていることが多い、とかそんな感じです。)

 

ちなみに三焦は心胞(しんぽう)と表裏をなしていますが

私もよくわかっていないのでさらっと流します。(専門の先生に怒られそうです笑)

 

 

「腑」は胆嚢、小腸、胃、大腸、膀胱と、西洋医学の知識通りの臓器と

捉えて差し支えないと思うのですが、「臓」は臓器とはちょっと違います。

「臓」は生命活動の中枢となるもので、

生理活動を行う機能であったり、その機能が働く場所というイメージでしょうか。

中医学はイメージが大切です。

 

 

中医学の弁証法(診断方法)の1つに臓腑弁証というのがあります。

 

臓腑弁証するにあたり五臓六腑の理解が必要になります。

また臓腑弁証においても気血津液の知識が必要になります。

(気血津液弁証というのもあります。)

ここら辺がわかってくると中医学がすごく面白くなります。

 

これからも臓腑について少しずつ書いていきます。

 

今回のポイント

・五臓は「肝・心・脾・肺・腎・(心胞)」(かんしんひはいじん!)

・六腑は「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」

・五臓は生理活動を行う機能であったり、その場所のこと。

・六腑は消化吸収や運搬をする場所のこと。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る