運営からのお知らせ

漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
薬局

気の病証について(その1)

投稿者:choline 投稿日:14/07/11 10:45 view117view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

今回は気血津液弁証の気の病証について書きます。
 

気の病証は「気虚(ききょ)」「気滞(きたい)」「気逆(きぎゃく)」などがあります。
聞いたことがある方も多いのではないかと思います。

 
気の病証のイメージはよく風船に例えられます。(下図)
 

 
それではそれぞれの病証について説明します。


「気虚」はその名の通り、気が不足した状態です。
以前、気には5つの働きがあると書きました。
(推動・温煦・防御・固摂・気化作用です)
これらの働きが弱まるためにいろいろな症状が出ます。
 
推動作用が弱まると、元気が出ない・気力が出ない・体がだるい・声に力がない・食欲不振などの症状が出ます。
防御と固摂作用が弱まると、風邪をひきやすい、汗が出るなどの症状が出ます。
固摂作用の弱まりは不正出血なども起こします。
 
また、温煦作用が弱まり冷えの症状が強く出ている場合を特に「陽虚(ようきょ)」と呼びます。
 
さらに気は内臓を支えていると考えるのですが、その働きの弱まりにより
胃下垂、脱肛などの症状が出ている場合を「気陥(きかん)」と呼びます。
「気虚下陥(ききょげかん)」、「中気下陥(ちゅうきげかん)」とも呼ばれたりします。
 
 
「気滞」は気の流れが滞った状態です。
お腹が張ったり、肩が張ったり(肩こり)などの症状が出ます。
喉が詰まったような感じがする梅核気(ばいかくき)も気滞です。
咽中炙れん(いんちゅうしゃれん)とも呼びます。
 
 
「気逆」は気の流れが滞り、本来は下降すべき気の流れが逆転した状態です。
吐き気やゲップ、咳などの症状が出ます。

 
次回はそれぞれの病証に対してどんな生薬、方剤を使うのか書こうと思います。

気の働きの復習はこちら。
「気」について(その1)
「気」について(その2)
 

コメント

回答:3件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18396件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:11月28日~12月05日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月28日~12月05日

もっと見る