漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

血の病証について(その1)

投稿者:choline 投稿日:14/10/07 09:43 view56view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

気の病証に続き、今回は血の病証についてです。

以前に書きましたが、血は「全身を栄養し、精神活動を支える物質」のことです。
 
血の病証には「血虚(けっきょ)」「血瘀(けつお)」「血熱(けつねつ)」があります。

 
 
「血虚」は血が不足した状態です。
顔色や爪、毛髪につやがない、貧血、眩暈などの症状が現れます。


 
「血瘀」は血の巡りが滞った状態です。
中医学では「不通即痛(ふつうそくつう)」という言葉があり、
これは「通ぜざれば即ち痛む」ということで、巡りが悪いと痛みが出るということです。
血於の特徴として固定性の刺すような痛みが出ます。
生理痛、頭痛、肩こりなどの症状が現れます。女性では月経周期の延長や無月経なども起こります。
 
少し話は逸れますが、気の働きにより血や津液が運ばれていますので
気滞により血於が引き起こされることもあり、このことを「気滞血於(きたいけつお)」と呼びます。
 
また、血瘀(けつお)の他に、瘀血(おけつ)という言葉がありますが、厳密に使い分ける場合、
「血瘀は血の巡りが滞った状態」であり、「瘀血は血瘀により生じた病理産物」という意味があるようです。
これはもしかしたら人により見解が違うのかもしれません。
すべて一括りで「瘀血」と書いている書籍もたくさんあるのではないかと思います。


 
「血熱」は血に熱がこもった状態です。
赤ら顔や赤いニキビ、鼻血などの症状が現れます。血尿や血便、月経過多なども起こります。
 
次回は血の病証に使う生薬、方剤を書きます。



血についての復習はこちらから。
「血」について

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20055件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5679件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:10月15日~10月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月15日~10月22日

もっと見る