ドラッグストアで働くとは?
私は新卒で大手ドラッグストアに就職しました。
ドラッグストア薬剤師の仕事について書きます。

nahceさんのブログ

nahceさんのプロフィールへ
ドラッグストア

最近よくあること

投稿者:nahce 投稿日:12/09/22 20:27 view513view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:0人

 調剤併設ドラッグストアの薬剤師となってだいたい4ヶ月が経ちました。
最近は仕事に慣れてきたという感覚もありますが、その分周囲の要求も高くなるのは当然のことですね。

日頃の業務では、平日は調剤がメイン、土日祝日は売り場の管理、接客がメインとなっています。
基本的には売り場も調剤も薬剤師の業務の範囲なので本当にメインというだけで、責任は常にくっついてきます。

私の職場は調剤併設と言っても、調剤は日に最大で20件、平均すると1日10件ほどしか来ません。
10件といっても何人でやっているのか?と思いますよね?

12時間の営業時間の中で、2~3人の薬剤師が出勤します。
事務さんは0人です。
休憩時間やレジ係として他の薬剤師が調剤室にいないときは一人薬剤師ということになります。
つまり、処方箋を受けっとってレセコンに入力をするところから投薬をするまで、基本的には1人で行います。
だいたい、レセコン入力から投薬終了までが錠剤のヒート渡しの場合で20分くらいです。
そんなわけなので、ロキソニン下さいとか、リアップくださいとかが重なると1日通して売り場の管理は全くできないときもあります。

休日はと言えば、品出し業務に追われるわけですが、ほとんどお店のチラシが土日祝日に重なるように入ります。
これは一般的な小売業なら当たり前ですね。
このチラシが曲者で、平日に終わらなかったことを休日にやろうとしても、チラシ商品の陳列などに時間が取られてしまい、なかなか進みません。
挙句、上司から何でチラシの商品が出てないんだぁー!と注意を受ける始末です。
売上を取ることは企業の使命の一つなので、厳しいことを言ってもらえるのはありがたいですが、上司は薬剤師でもなければ調剤薬局の開設者の経験もありません。
簡単に言うと、処方箋枚数と薬剤師人数だけを見て売り場も回せるだろうと考えている節があるということですね。

個人的には患者さんの集中するタイミングや処方の内容、投薬に時間が必要な人、そうでない人とその日その日で違います。
上司が薬剤師でないと、こういうところに目が行かない、というか数字でしかものを見れないような気がします。

まだまだ自分は下っ端ですが、こういったことを改善してもっと働きやすい環境を作っていけるように、会社に貢献したいと思いますね。うん。

コメント

回答:2件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show
カレンダー
カテゴリ
ブログ履歴

よく見られているブログランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る