実務実習2期 終了
実務実習受け入れ薬局勤務です。指導という言葉は好きではないけれど、価値ある変化を一緒に求めましょう

はるかさんのブログ

はるかさんのプロフィールへ
調剤薬局

カウフマン療法

投稿者:はるか 投稿日:11/05/07 05:41 view137view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:6人

はぁ~ やっぱりぎりぎりになりそうです。ブログ更新。(T_T)

気になっていたブログから抜粋。

プレマリン2錠 2X 66日分
デュファストン2錠 2X 33日分


不親切な処方果たしていつからどのように服用するのでしょう??
  
PCO症候群の診断と治療より引用


ココヤク セレクションからチビさんのブログをみてずっと気になっていました。

 そうそう!!  私も女性ホルモンの処方には最初戸惑いました。自分の復習も

兼ねてアップしてみました(^.^)

カウフマン療法によると月経開始後5日目からプレマリン服用 11日分

15日目からプレマリン、デュファストン両剤服用 11日分 

というサイクルで 3クール分だと思われます。お若い患者様なので、無排卵月経

かな?


不妊治療によくみられる処方ですが、無排卵月経や生理不順、不正出血にも処方されます。

女性の正常なホルモンバランスを再現する処方なのです。

エストロゲン製剤はプレマリン

ゲスターゲン製剤はプロベラ、ヒスロン、デュファストン

エストロゲン・ゲスターゲン合剤はプラノバール、ソフィアなど




黄体ホルモン分泌は月経周期の後半のみですね。エストロゲンがしっかり分泌される方には、
月経周期後半にデュファストンなど黄体ホルモンのみ投与されるホルムストローム療法という
ものもあるようです。


数ヶ月すると卵巣が正常に働くことが期待できます。 そして不妊治療の方は無事妊娠という
うれしい報告もいただいたりします。


逆に黄体ホルモンをずっと服用する時とは、子宮内膜症の治療などの時に使う
偽妊娠療法療法があります。 

エストロゲンと黄体ホルモン配合剤には低用量ピルのルナベル、中用量のプラノバールなど
黄体ホルモンのみにはデュファストン、ディナゲストがあります。

その他、HRT療法、偽閉経療法とか、、、女性を何年もやってますけど、、患者さまへの

アプローチ難しいですね。















コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show
カレンダー

よく見られているブログランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る