運営からのお知らせ

30代薬剤師の仕事を考える
とあるチェーン薬局(Dg&Rx)に就職して11年、33歳になって振り返る仕事と、これからの仕事を考える。

akagawaさんのブログ

akagawaさんのプロフィールへ
ドラッグストア

2001年~2010年

投稿者:akagawa 投稿日:11/01/10 20:50 view149view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:18人

初ココヤクブログ更新です。

プロフィールの通り大学卒業して就職した会社で10年。
チェーン薬局の中小企業ということもあり様々な経験をしました。
勤務した店舗数は15店舗ほどでしょうか、それぞれに学んだことや思い出があります。

薬剤師として10年というのは、この先の長い薬剤師人生を考えると
まだまだ学ぶべきものが多く、またまだ十分な患者ケアが出来ているとは言えないと思う。

それでも、多くの現場を経験するなかで患者さんや仲間からもらった『有難う』という言葉が大きな原動力。
そして今に至り、社会人・企業人・薬剤師として次のような姿勢・思考であるよう心がけていると、
試練とともに、幸運(チャンス)にも恵まれるようになった気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

仕事は決して自己満足ではない、相手が納得してこそ評価される。
そして一人でできることなんてたかが知れている。
『できない』ことを知り、どうすればできるかを考える。
そしてそれに必要な知識やスキルは身に付ける努力をする。

給与は常に会社の先行投資だと思え。
そうしなけばよく言われる『600万の壁』は越えられない。
給与以上に働いているなどと勘違いしてはならない。

不満が有るなら、改善案を提案する。
不満を言うだけの人は、組織の力を損ねるだけ。
その改善案はできれば少しの見直しで運用できるところまでにしておく。

自分の知識に慢心してそれをひけらかすことなかれ。
知識は皆で共有してこそ評価される。
そして『知らない』ことを素直に認めること。

店舗運営は他職種との連携作業。
どのような立場のスタッフでも発言できることが重要。
より患者さんに近い目線の意見を真摯に受け止めよ。
(薬剤師の目は偏っていると思え)

先輩からは経験を盗み、後輩からは気付きをもらう。
どちらと接する時も、謙虚さは必要。
真摯さと謙虚さのない"似非プロ"は端から見ても魅力ゼロ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

薬剤師であっても一人の社会人であるからにには社会貢献を。
一人の企業人であるからには企業の利益と企業としての社会貢献を考えるのが当然。

その上で、どう役に立つか?
そこで薬剤師として患者ケア・地域の健康増進に寄与する。
それが自分の役割なんだと思っています。


これから、色々と綴っていく中で自分自身、初心に立ち返って大事なことを忘れないようにしたい。


コメント

回答:4件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る