30代薬剤師の仕事を考える
とあるチェーン薬局(Dg&Rx)に就職して11年、33歳になって振り返る仕事と、これからの仕事を考える。

akagawaさんのブログ

akagawaさんのプロフィールへ
ドラッグストア

ライフ・ワークバランスについて

投稿者:akagawa 投稿日:11/01/11 23:17 view612view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:18人


プライベートの時間の使い方について、薬剤師の方々はどうされてるのでしょう?

薬剤師になったばかりの方からベテランの方、
周りの環境(お子さんがおられるなど)によってもずいぶんと違うでしょう。

1日のうちに勉強に割ける時間を必ず持っているという方はとてもすばらしいと思います。


ライフ・ワークバランス

プライベートと仕事のバランスをとる、というよりも1日24時間をどのようなことに、
どれだけ割くようにするのが最もベストな選択なのかを考えておくことで、ある程度ルーティン化した方が
私は毎日を過ごしやすいと感じています。

もちろん、会社員として薬局業務に拘束される時間は休憩含め通常9時間です。
しかしながら多少の前後や、患者さんの来られる時間までに済ませたい仕事もあります。
そして夜は娘との時間も大切にしたい、PCで色々と情報収集も欠かせない・・・・

色々と考えた結果、会議などで夜遅くなるときを除いて、次のような生活パターンになりました。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 5:45 起床
 6:45 自宅発
 7:15 出社(店舗着)
 ↓  メール確認や前日の処方箋チェックなどまとまった時間が必要な仕事を行う
 8:00 開店準備
 8:30
 ↓   日常業務
17:30
 ↓   メールほか残務を片付ける
18:00 退社(店舗発)
18:45 自宅着
 ↓   夕食
19:30 娘をお風呂に入れる
 ↓   家族で過ごす時間
21:00 娘就寝、デスクワーク開始
 ↓
23:30 一息入れる、WEBサイト確認など
 ↓   仕事が残っていれば継続
  0:30 就寝
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

会議があるときは帰宅が22時くらいになるため、娘との時間は取れないのが悲しいところですね。
もちろん、体調がすぐれない場合は休養を最優先します。
体調の悪いときには良いアイデアも出てきませんし、勉強も身になりませんから。


『何故、家で仕事してんの?』

と、よく言われます。
その理由はいくつか有るわけですが、昨日のエントリーにも書いたことと関係しています。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
『できない』ことを知り、どうすればできるかを考える。
そしてそれに必要な知識やスキルは身に付ける努力をする。

給与は常に会社の先行投資だと思え。
そうしなけばよく言われる『600万の壁』は越えられない。
給与以上に働いているなどと勘違いしてはならない。

不満が有るなら、改善案を提案する。
不満を言うだけの人は、組織の力を損ねるだけ。
その改善案はできれば少しの見直しで運用できるところまでにしておく。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


私の場合、必要な知識というのは主にPC関係や教育研修に関することになるのですが、
少なくともExcelの知識は深めていかないと業務改善のツール製作などに支障を来たします。

人が『こんなのが有ったらよいのに・・・』と願望だけで終わらせるところを、作り上げることが出来る。
そしてそれが会社全体の業務改善に繋がる。
自分の努力が人の役に立つ。その瞬間に苦労したことなんて忘れます。

そのようなことの繰り返しが、先行投資されている給与に対して、自分自身の価値を近づけることにもなる。

会社は"お金"で先行投資してくれています。
ならば自分自身も"時間"くらいは自己投資しなければ。

もちろん勉強の時間だって、自己投資の1つです。

与えられる勉強だけこなせば一人前になれるかって、そんなはずあるわけない。
主体性をもって学習し、わからないことは自分で調べる癖をつけ、
患者ケアを実践するという目標に向かって、自分から動かねば。


このようなスタイルは入社4年目くらいから徐々にできてきたのですが、
3年ほど前にある映画を見てから、確立されたと言ってよいと思います。

その映画は、
『幸せのちから』
http://bd-dvd.sonypictures.jp/thepursuitofhappyness/index.html

どん底にありながらも家族の為、将来の為に前向きに生きる。
幸せになることを決してあきらめない。

出張先のホテルで一人で見て、涙して、『父親とはこうあるべきだ』と感動しました。
自らの生き方に影響を与えた映画はたった1つ、この映画だけです。

これから子を持つ、既に子に恵まれている男性には是非見て欲しい作品です。
薬剤師だからと職が安定しているかなんていうのは、世間で言われている通りではないでしょうか。


私のライフ・ワークバランスは、時間配分では仕事のほうが多いのは確かです。
しかしながら、日常業務以外は『将来に繋がる仕事』がほとんどです。


ちなみに自宅のデスクは写真のような感じです。
中央のメインPC、右はTwitterなど表示させておきたい書類用のノートPC、
左は自分の空間を作るのに欠かせないミュージックDVDを流すTV(サブディスプレイとしても使用可)

本当はもう1台ディスプレイが欲しいのですが、置き場がありませんのでね・・・


ともあれ『アイ・カンパニー』という言葉があるくらいの現代ですから、
自分自身の付加価値という部分も意識していくことが、これからの薬剤師にも必要なのでしょうね。
 

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る