運営からのお知らせ

30代薬剤師の仕事を考える
とあるチェーン薬局(Dg&Rx)に就職して11年、33歳になって振り返る仕事と、これからの仕事を考える。

akagawaさんのブログ

akagawaさんのプロフィールへ
ドラッグストア

心に刻むのは単なる言葉ではなく覚悟。

投稿者:akagawa 投稿日:11/02/14 21:37 view85view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:18人

私、以前はYahoo!で“Sincere Pharmacy ~調剤に真心を~”というブログを短い期間でしたが書き綴っていたことがあります。

その時は、特に『サービス』という部分でこの仕事のことを真剣に考えていました。

現在はその考えに『教育』というエッセンスが加わることでまた変化が現れていますが、
プロ意識については以前と変わりありません。

私にとっては過去ネタではありますが、もう一度自分自身の心に焼き付けておくためにも
今日、ここに綴ります。



<<薬剤師としてのプロ意識について考える>>

よく使われる言葉で、企業の求人などでも繁用されていますが、
企業の担当の方はこのプロ意識について具体的に説明できるのでしょうか?

果たしてこの言葉の真意はどのようなことでしょう?


薬局薬剤師としてプロフェッショナルな人間とは?
私自身が考えたのは以下の4点。


1.当然ながら薬の専門家として十分な知識や技術を修得し、患者様の薬物治療に寄与することができる。

 これが出来なければ薬剤師なんて免許は要らない。
 患者様に何か有害事象が発生したときに、医師の処方ミスに気付かなければ薬剤師も同じように罰せられる。
 これは当然だ。
 そこまでの覚悟をもって、薬剤師という仕事に従事しているか?


2.患者様という顧客に対して“実感できる満足”を提供する。

 それは顧客によってニーズが異なるため、待ち時間を優先するか、丁寧な指導を優先するかの判断も含まれる。
 以前にも書いたが、薬剤師として生き残るには顧客に良い評価をされるようなサービスを提供していくしかない。
 “殿様商売”では顧客が離れていくのは必然である。
 人に必要とされない人は、やがて淘汰される。


3.正確性と迅速性を高いレベルで兼ね備える。

 「間違えないためにはゆっくり鑑査しなければいけない、それで待ち時間が延びるのは仕方ない」
 これは大きな間違いで、顧客のニーズが人により異なる以上、常に一定のレベルで正確性と迅速性を
 両立させなければならない。
 何より、顧客は貴重な自分の時間を使って、来局して下さっているのだという認識を持つこと。

 自分の都合の良い、自分本位な考え方では能力向上は見込めない。
 視線の先には必ず顧客があり、顧客を喜ばせるためには自分に何が足りないか?
 自身の仕事を見直していく必要があるのは若手でもベテランでも同じ。


4.顧客の背景を感じ取り、自然な気遣いができること

 顧客の心を掴むには、来局時の表情や雰囲気、待ち時間の過ごし方やイライラなどの感情把握、
 直接対話からの具体的なニーズの把握を行い、事前と気遣いの言葉が出るようになることではないかと考える。
 やはり人と人とのコミュニケーションは“やさしさ”がなければ。


 「患者を薬物治療のゴールへと導く」なんでおこがましい。
 「顧客の薬物治療に、縁あって役立たせてもらえている」のだというのが私の考え。


“俺は薬剤師だ”なんていうちっぽけなプライドは必要ない。
必要なのは、人の役に立つ仕事をするのだという心構えと覚悟。


私自身、まだまだ薬剤師としても人間としても未熟。
現状で満足してはいけない、まだまだこれから薬剤師が役に立てるステージは作り出せるはず。
その為には「現状で精一杯」ではいけないはずだ!



まだまだ、ここは限界ではない。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る