運営からのお知らせ

30代薬剤師の仕事を考える
とあるチェーン薬局(Dg&Rx)に就職して11年、33歳になって振り返る仕事と、これからの仕事を考える。

akagawaさんのブログ

akagawaさんのプロフィールへ
ドラッグストア

長崎国際大学フォーラム

投稿者:akagawa 投稿日:11/07/31 20:19 view640view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:18人

皆さまご無沙汰しております。 

本日は月末、また日曜というなか、朝から3年目の若手薬剤師3名を連れて
佐世保にありますハウステンボスへ・・・いや、長崎国際大学薬学部へ行ってきました!

集まったのは福岡・佐賀・長崎・大分の病院、薬局、ドラッグストアの薬剤師と、
長崎国際大学の薬学生5年生(5名)、薬学部教員の方々でした。

各薬局・病院の実務実習受入れ後の感想、学生さんの感想や不安・
​期待、教員の方々の考えなどなど、
色んなところに大事なピースが
​散りばめられていたフォーラムでした。

そんな中、気になったのは学生さんが実習先で充実した2.5ヶ月
​を送れるかどうかを
我々現場の薬剤師も真剣に考える必要があると
​いうこと。

4年制の延長線上ではなく、彼らが現場に出たときにイノベーショ
​ンを起こすチェンジドライバーとなる種をまくこと。

そのために必要なのは、現段階で職能拡大への取り組みをスタート
​させること、また薬剤師同士の身内だけ意見を交わすのではなく、​本来職域拡大の恩恵を受けるべき患者さんや、医師・その他コメデ​ィカルへのアピールが不足している(というか皆無)だと私なりに​反省すべき部分もありました。

立石教授もおっしゃったように、日本版CDTM=プロトコル作成
​にまで進めるにはこういった大学×病院×薬局というのは最強のコ​ラボとなる可能性があります。
但しそれには医師との協働が不可欠ではないかとも感じました。


またOTC店頭での受診勧奨に必要な能力として、弊社次長より『
​症候からの疾患の推測』を挙げさせて頂きましたが、
これは『診断
​をする』とは全く別の意味合いであり、重篤度・緊急度の高い疾患​の疑いがある方に謝ってOTCを販売しないためには必要不可欠な​知識として、またOTC販売するケースにおいても受診すべき病状​の変化を具体的に説明するためのスキルだということをご理解頂け​たかが、唯一心配な点。

またOTC対応やそのスキルについて、調剤専門薬局ではお客様の​ニーズに応える品揃えは不可能、
そのため売れ筋や薬剤師のチョイ​スによる品揃えを行っているということでした。

しかしながら、私が思うにOTC対応は必ずしも自店に品揃えして​おく必要はなく、患者さんや地域の方が相談に来られたときに十分​に説明、納得して頂いた上で近隣のドラッグストアで購入してもら​えば良いかと思うのです。

その方に対する相談に対して真摯に対応する、商品説明以上の付加​価値を盛り込むことで、OTCは売れなくともその方は自分自身の​顧客として定着するはずです。

そしてそのような薬剤師であれば、家族の薬だって任せたくなるか​もしれません。

それがファンをつくる手段の1つなのかもしれない、というのがマ​イクが回ってこなかったので言えなかったことです。


また、今後もこのような機会が増え、薬学生の方々の率直な意見や期待・不安といった部分を聞くことが出来ればと思いながら、トルコライスを食べて帰ってきました(*^_^*)


コメント

回答:4件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る