30代薬剤師の仕事を考える
とあるチェーン薬局(Dg&Rx)に就職して11年、33歳になって振り返る仕事と、これからの仕事を考える。

akagawaさんのブログ

akagawaさんのプロフィールへ
ドラッグストア

感動。

投稿者:akagawa 投稿日:12/09/14 06:22 view294view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:18人

 ブログを更新するのはとても久しぶりです。

5月に4年以上勤務した現場(大型調剤店舗)からドラッグ併設店舗へ移っていたのですが、諸事情あり9月からもとの現場に戻ってきております。

ドラッグ併設店舗ではやはり地域社会に貢献する為の薬剤師の役割を考えさせられましたし、
私にとって原点である、「どんな小さなことでも、より多くの人々の役に立つ仕事がしたい」という思いを再確認できた3ヶ月でした。

同時に現場以外のお仕事も続々といただくことができ、忙しいながらも周りの仲間に支えられながら、また上司に指導を受けながら取り組めています。


さて、9月から戻ってきた調剤単独の現場ですが、3ヶ月間空いているということもあり、
「久しぶりやね」
「しばらく顔見らんかったけど何しとったとね?」
と多くの方からお声掛け頂きました。

そんななか一昨日、お子さんの喘息治療に受診されているお母さんから
「戻って来てくれたんですね、やっぱり安心感があります」
と言っていただき「有り難いなぁ」と感じていると、スタッフから
「あのお母さん、5月に異動したときにメンバーが大きく変わったのが不安だったみたいで一度クレームが出たんですよ」
と伝えられ、更に有り難みを感じることとなりました。


私たちの調剤における仕事は薬物治療の安全確保と治療効果を最大化するための服薬マネジメントに他なりませんが、やりがいを感じられるのは患者さんの状態が改善したときや「ありがとう」といった言葉をいただいたとき。

そう、やりがいは患者さんからいただいているんです。

もちろん医師や他職種との連携の中で得られるやりがいもあるでしょう。
それはその時の相手からいただいているのです。

私たちがやりがいから感じられる幸せは最高の幸せ。
それは鍵山秀三郎さんの名言にもあります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
~3つの幸せ~
幸せには三つあるといわれます
一つ目の幸せはしてもらう幸せ
二つ目の幸せはできる幸せ
そして三つ目はしてあげる幸せです
三つの幸せの中でも、最も大きな幸せが
してあげる幸せです
人にものを差し上げる、何かして差し上げる
相手の喜ぶことをして相手の喜びをわが喜びとする
この幸せを大事にして頂きたいのです
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今後ますます患者さん、お客様、従業員の役に立てるよう精進したいと思います。

因みに、私は「~でなければ」「~であるべき」は嫌いです。
それは人から決められた道だから。

出来る限り、上記の文体を「~でありたい」に落とし込むために考えます。

自分の思いが社会的に、企業理念に反していなければ
「~でありたい」と望むほうが必ず目標に到達できると信じているからです。


本日はこれから北海道へ出張です。
3日間、しっかり学んできます!!


コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る