毎日がブランニューデイ。
薬剤師3年目になりました☆彡
業務の「はぁ?」や、薬の「へぇ~」、本の紹介もたまーーーに。

ニローネさんのブログ

ニローネさんのプロフィールへ
病院

簡易懸濁?

投稿者:ニローネ 投稿日:13/07/17 21:16 view309view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:18人



とにかく粉砕やら簡易懸濁やらが多い。

粉まみれな毎日を送っている気がする。



薬剤師になって3ヶ月をとっくに越えて、今さらですけど「簡易懸濁」に興味を(笑)

遅い?(笑)



まず。

教わったことが間違ってました、先輩…。

「簡易懸濁」といえば!

の、たぶんどこの病院・薬局にもあるあの本の著者でもある「倉田式」ってやつだと…

「ポットのお湯と水を2:1で混ぜると55℃になる」

なぜ55℃か?

「10分ほっといても37℃を保ってるのは55℃のお湯(てか、ぬるま湯?)だったから」
だそうで。


……Σ( ̄□ ̄;)えー!


私が先輩から教わったのは、
「ポットのお湯と水を1:1」なんですけど…。

まぁ…別に…大した問題ではないのかな…。

いや…でもなぁ。

うちにある「簡易懸濁法リスト」っていう冊子には、
「5分」「10分」っていう欄があって、丸がしてあったり、5分は×だけど10分は○とかあったりするんだけど…。

言わずもがな「5分経っても溶けない」「10分経ったら溶けた」という意味なんですけどね。

いやー…、1:1だったらさー、果たして10分後も37℃以上か?って話だし。

もしかしたら、ちゃんと2:1でやったら5分で溶けるんじゃねーの?
…と、いま思いました…(・・;)



あと、カプセルも溶けるのね(笑)

まぁ、そりゃそうだよね。
簡易懸濁じゃなくても、我々、普通にカプセル飲みますし。

でも…あれ?
否応なしに脱カプしてたような…?

気のせいかな?(・・;)
明日確認しよっ。



簡易懸濁…なかなか面白いですね。

明日から見る目変わりそうー。

コメント

回答:2件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る