スーパー薬剤師HERO
大手スーパーマーケット内薬売り場で管理薬剤師をしているスーパー薬剤師HEROがつれづれに思うままに書き連ねます。

スーパー薬剤師HEROさんのブログ

スーパー薬剤師HEROさんのプロフィールへ
その他

OTCにつきもの、リンコデ咳止めはいくつまで販売?

投稿者:スーパー薬剤師HERO 投稿日:12/01/24 23:42 view204view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:0人

 さてOTCでは「ブロン」「トニン」などのいわゆる「リンコデ咳止め液」を常習者が購入に来ることで、
常に悩まされます。

我が店舗においてはまず「ブロン液」「ブロン錠」「トニン」を空箱対応にしたら、ほかのものが次々に万引きに会い、
1.アネトン咳止め液
2.アネトン咳止め錠
3.ベンザブロック咳止め液
4.ベンザブロック咳止め錠
5.パブロン咳止め錠
など総崩れ(笑)、軒並み万引きされて、空箱対応。。。。

さてここで問題にしたいのは「万引き対策」ではなくて、薬剤師としてこれらの「麻薬成分を含む薬剤」を一時にいくつまで売るか
ということです。

我が店舗の若い薬剤師がかつてドラグストア勤務のときに近隣の派出所から警官が来て、
「ブロン、トニンは一本だけ、、、」といったという。

ここで私は考えます。

警官とはそもそも国法に基づいて国家の治安を守るべき責務を負わされているのだから、
国法で決められていない事柄を要求する、もしくは命令、強要することはおかしいだろう?

、、、だから警官は「そう頼んだのだろう?」と確認しましたが薬剤師はそこがはっきりしていない。

確かに我々薬剤師は人々の健康を考えて「薬物依存」は好ましくないから、
自分の責任としてこうした医薬品の一回販売数を考えますが、それは誰かに強制されてというわけではなく、
あくまでも自分のそのとき、購買者の風体、目つきなどから瞬時に判断して供給しても問題がないと思われる量を販売する
のが基本ではないかと思うのです。

エフェドリン、コデインは確かに「依存性薬物」ですがその販売量を明確に薬事法によって決められているわけではありません。
そして「資本主義社会」においては市民には購買する権利があります。

ですからこれをそこらの警官が勝手に購買数量を販売者に規定することなどできはしない、
ここを考えて欲しいとぼくは思うのですね。

「警官が言ったのだからトニン、ブロンは一本のみ」ということを鵜呑みにしてはいけないと
思うのですが、、、、、

皆さんはどんなご意見をお持ちでしょう?

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show
カレンダー
ブログ履歴

よく見られているブログランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る