運営からのお知らせ

生きているだけでまるもうけ
名付け親はりんぐ様ですよ( ´Д`)y━・~~

ぐるちゃんさんのブログ

ぐるちゃんさんのプロフィールへ
その他

スポーツファーマシスト

投稿者:ぐるちゃん 投稿日:14/04/02 16:01 view247view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:9人

坊が昼寝をしたので書きます。

スポーツファーマシストとは。。。

普通スポーツにおいてドーピングは禁止されています

1つ目は健康上の問題です。心身ともに多大な負担がかかり最悪死亡します。

2つ目はスポーツマンシップというものでしょうか。私は松岡修造のような立派な人間ではないためここの部分は熱く語らないようにします(笑)

特に薬剤師は『うっかりドーピング』をとめることを期待されています。

たとえばサッカー選手の方でしたがオシャレで髭を生やす薬を使ったら、ドーピング検査でひっかかり出場停止になりました

その薬は男性ホルモンが成分にあるからです

男性ホルモンは筋肉を作る働きがあるので選手のパフォーマンス向上にドーピングとして使用したのかとみなされます

もちろん本人にその気がなくてもです

全部は挙げませんが

ステロイドもだめ

ステロイドもホルモンと骨格が似てるし、身体を大きくする作用もあります

利尿薬もだめ

違反薬物が正しく尿中に出ない可能性があるから

β遮断薬もだめ

手がぶるぶる震えるのを防止すると考えられるから(β刺激は手が震えるよね)

手が震えるの止めたって別にいいじゃん と思いますがアーチェリーで緊張で手を震えるのを止めようと考える人がいたんだか。。。

逆に私は自律神経の働きをよく勉強してますねー と感心しましたが(笑)

普通に医療薬として処方される薬の大半がドーピング検査に引っ掛かるのでアスリートは病気になったら大変だ、服薬をする前に薬剤師が監査する必要が十分にあると思いました

漢方もアウトになることがあるんです

マオウの成分エフェドリンが興奮物質とみなされてしまうとか。。。

ドラッグストアの薬剤師も気をつけてあげなければいけません

ほんの一部でしたが結構 面白いしためにもなります。

あ、息子が起きたので また続き書きますkiss

 

コメント

回答:4件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る