運営からのお知らせ

I wanna be a _____ist
薬学部6年制の2期生です。大学の特別日程により、既に一足早く病院実習に入っています。その内容を記録して行きます。

c_rickさんのブログ

c_rickさんのプロフィールへ
病院

【病院実習】「注射」

投稿者:c_rick 投稿日:11/04/14 00:14 view1267view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:13人

昨日までの約2週間半は、4番目の配属先である注射調剤室で実習でした。

実習先の病院では、投与前日までに医師が注射剤の処方箋を書き、
薬剤師はそれを注射調剤室で計数調剤した後に各病棟に払い出します。
ミキシングは抗がん剤やIVHなどの一部の薬物を除いて各病棟で投与前に看護師などが行います。
ただし、注射剤である以上、計数調剤されても実際には投与されないということがしばしばあるので、
投与予定日に使われなかった薬物は逐一注射調剤室に返却されてきます。
頓用の薬などは、毎日のように同じ処方が出されては使用されずに返却されてくる、ということの繰り返しになることも多く、
それならば毎回返却するのではなく病棟に在庫するなどして対応した方が効率的な気もするのですが、
・全ての処方について薬剤師が鑑査する
・期限切れになり廃棄される薬物を減らす
以上2点を目的として逐一返却するというシステムになっていると理解しています。
(こういうシステムは一般的なのでしょうか??)

前述の通り注射調剤室ではミキシングは行わないので、この部署での実習は
・返却されてきた薬物の処理(種類ごとにまとめるなど)
・計数調剤
・処方箋鑑査
を行いました。

返却薬物の処理では、病棟ごとに薬物がまとめられて返却されてくるので、
病棟ごとの処方の特徴を知れたというのが大きな収穫でした。
また、頓用で処方された鎮痛薬や制吐剤などが使用されずに返却されてくるのは理解しやすいのですが、
抗菌薬など通常ある一定のスケジュールに則って投与されるべきものが返却されていた場合は、
その理由を考察し、また実際に電子カルテなどを参照して医師の考えを追うきっかけにもなりました。
さらに、注射薬は内服薬以上に頻繁に処方が変更になったり投与が中止されたりするということを、
かなりたくさんの薬物が返却されてくる事実を目の当たりにして実感することが出来たのも大きかったです。
そして、薬物を投与するか否か、あるいは薬物の減量や変更をすべきか否かの判断が実際に下されている病棟に
薬剤師はもっと進出して積極的に介入して行くべきであるという考えを強めるきっかけになりました。

計数調剤では、多くの種類の薬物に実際に触れられたのが良い経験になりました。
今までの配属部署の中で最も多くの薬物に触れることが出来たと思います。
その中には今まで全く知らなかった薬効や作用機序をもつものもあり、興味深かったです。
(例えばファスジル(エリルⓇ))
また、同種同効薬について考えるきっかけにもなりました。

注射調剤室で一番印象的なのは、輸液に関することです。
私たちの大学では薬を使うことよりも薬を作ることに重点があるので、
輸液や電解質バランスのような領域はほとんど教育されてこなかったように思います。
それを学び、実は奥の深い領域であるということに気付けたことは大きかったです。

処方箋鑑査では、いくつかのチェック項目(用法用量や併用禁忌薬が投与されていないか、など)があり、
本来はそれをチェックすることが主になってきます。
しかし私たちは実習生なので、それにとどまらず、いくつかの症例については
電子カルテなどから積極的に情報収集するよう努めました。
そのなかから特に興味深いと思われたものは、調剤時のみでなくそれ以降も継続的にフォローし、
またこれからも病院実習終了時まで経過を追いかけていくつもりです。

以前担当薬剤師の方から
「処方に問題点があるか無いかを判断するのは比較的易しい。
難しいのは、その処方がベストであるかどうかを判断すること。
より効果的な薬物療法があるのではないかと考えることは、難しいけれどとっても大切なこと。」
と言われました。
でも職員になって「業務」として調剤などに携わるようになってしまえば、
全ての症例についてそのようなことを考えるのは時間的になかなか難しいです。
であるからこそ、「実習」として調剤などを行っている今こそ、そういう視点をもって当たっていきたいと思います。
職員の方に比べれば知識も技能も経験も全然及ばない実習生の私たちですが、それでも、
「実習」は「業務」の単なるミニチュア版であってはいけないと思うのです。


次は病院実習最後の部署、IVHです。

コメント

回答:5件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 new 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18396件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:11月27日~12月04日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月27日~12月04日

もっと見る