医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

第3回 手短に薬だけを欲しいと思う患者さん

投稿者:にっしー 投稿日:15/03/10 21:03 view210view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:61人

多くを語る前に以下の例をごらんください。

「医師に全部話してあるから、正しく揃えて渡してくれればいいんだよ」
という患者さん、結構いますよね?

これを翻訳すると・・・
「医師と違って薬剤師は何もできないし、相談だって受けられないだろ?」
「だから時間の無駄だから、記録するための聴取はしないでくれよ」
となるんじゃないか、と私は思うのです。

ならば、その誤解をといてやるぜ!と思った私は
「相談」と思われるキーワードをキャッチしたら、すかさず攻めます。
「先生には相談できなかったんですか?ダメ元で私に相談してみません?」と。

「お前なんかアテになるか!」と言われたら、「無駄な時間失礼しました」と言って、
速やかに会計をします。それで終われば、それでいいんです。
しかし・・・割といるんですよ、「いや。。。すまん、言い過ぎた」という方も。

そこまで行けば、あとは手短、かつ要点を押さえつつ、相談にのればいいんです。
相手が満足して、「次回も頼むな」と言った時には、最高の気分ですよw
ま~「あいつじゃないとダメだ、お前じゃ話にならん」と他の薬剤師に言われると、
「そうですよね~」と思いつつも、後のフォローがめんどくせ~と思ったりしますが・・・。

まあ、「手短にしてくれタイプ」の患者さんの誤解を解ける確率は・・・20~30%かな?
これを低いと思うか、高いと思うかはあなた次第!!
私は結構高いと思うし、このくらいの方がバランスいいですよ。
だって、確率がもっと高くなったら、私を名指しする患者だらけになるじゃないですか(笑)

ってなわけで3回目の記事はこれで終わりです。もしよかったら、実例をあげてもらえれば、
「私ならこうする」的なコメントをしますよ。役に立つかどうかは・・・運しだい。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る