医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

RPG(ロールプレイングゲーム)で気付いたこと

投稿者:にっしー 投稿日:15/03/14 22:41 view202view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:61人

私は学生時代、結構ゲーマーでしたw
RPGやシュミレーションは相当やりこみ、貫徹も普通にありました。。。
(だから留年すれすれで進級していたのかもしれない)

さて、その中でやはり定番はドラゴンクエスト(略称;ドラクエ)です。
ここで私がテーマにしたいのは職業です。
戦士、武闘家、魔法使い、僧侶、そして勇者です。

これって薬剤師のタイプ分けに使える気がするんですよね。
ゲームに馴染みがない方のために簡単に説明つけると
1)戦士:攻撃、守備にはすぐれるが、素早さが無く、魔法に滅法弱い
2)武闘家:攻撃は戦士に劣らず、素早さは最強、ただし、守備力が低く、魔法にも弱い
3)魔法使い:接近戦にはとことん弱く、遠くからの攻撃が得意。守備、素早さは滅法低い
4)僧侶:基本護ることしかできない。守備、素早さは滅法低いし、攻撃もあまりできない
5)勇者:1)~5)の長所を持ち、短所を最小限に克服している。いわゆる万能型

薬剤師の世界に落とし込むと・・・
1)戦士タイプ
知識、スキルは豊富、面倒な患者からも逃げずに対応できる。ただし、逃げ足が遅いので、
かわすことができない。また、イレギュラーに滅法弱い。しかし、皆に頼りにされる。

2)武闘家タイプ
知識、スキルは割とあるが、面倒な患者に捕まるとペースが乱れる。ただし、持ち前の軽さで、
軽く流す。イレギュラーには比較的弱いが、自分のことなら乗り越える精神力がある。
残念なことに、皆から頼られることは少なく、孤高の戦士になりやすい。

3)魔法使いタイプ
知識は比較的多いが、スキル(特に接遇)が少なく、投薬より調製を好む。面倒な患者に捕まれば、
なすすべも無く振り回される。勤務薬剤師にはよくあるタイプかもしれない。

4)僧侶タイプ
知識は正直少ない。しかし、接遇スキルは比較的あり、患者からは愛される傾向にある。
困ったときは素直に身を引き、出来る薬剤師へのバトンタッチが速やかに出来る。
パート薬剤師に非常に多い気がするのは。。。私の気のせいだろうか?

5)勇者タイプ
一言で言えば、エリアマネージャー、店長に適任なタイプ。一通り器用にこなせる。
唯一の弱点は複数の職員に頼られるため、自分の仕事に没頭できないことくらいだろうか?

さあ。。。みなさんはどのタイプですか?私は2)ですね。

コメント

回答:4件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る