医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

在宅医療のすすめ≪第2話≫

投稿者:にっしー 投稿日:15/04/02 21:02 view119view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:60人

思いのほか、展開が早く、今日も処方箋をもって家族が来ました。
(注意;第一話に登場した患者さんです)

家族からアプローチをかけたいと思っていたので、まさにいい機会でした。
「今日はメキタジンが出ていますが、これは傾眠効果を期待してですか?」
とまずは本題から切り込みました。

※前回、安定剤は中止するよう主治医があったものの、もう一つの広域病院から
ルネスタが処方されていた。アレルギー性鼻炎を持っていないこともわかっていたので、
上記のように切り込みました。(完全に推測ですけどねw)

患者家族:「え?処方箋だけでわかるんですか?」
にっしー:「いや~なんとなく思っただけですよ。でも当たりですか?」

患者家族:「実は訪問看護師さんに「偽薬」を出してもらうように助言してもらって、
それで今回の処方になったようです。」

にっしー:「保険請求上はアレルギー性鼻炎で通りますが、ずっととなると厳しいでしょうね」
「効果が無かった時のことも考えると、別の方法も考えた方がいいでしょうね」

患者家族:「そんな方法あるんですか?教えてください」

にっしー:「かんたんですよ。お菓子を使うんです。ラムネ菓子のようなもの(ヨーグレットなど)を
サプリメントとして飲んでもらうんですよ。主治医にも話は通した方が良いと思いますけどね」

以後数分にわたり、患者家族から感謝の言葉をいただいたところで、
にっしー:「そういえば、ご家族はなかなか生活を見ることできないといっていましたね。」
「居宅療養管理指導を使うと、1回500円で私もお手伝いできますよ。
でも、経済的なこともあると思うので、訪問頻度も含めて、ケアマネさんに聞いてみてください」

とつなげると、「さっそく聞いてみます。」と喜んで帰っていきました。
さて。。。ケアマネさんはどう反応するんでしょうか?
なお、家族には「薬剤師は医師や看護師のような権限が無いので、助言が主体になる」と
きちんと説明しておきました。ただ、訪問時間は私の休憩を使えば、どの職種より確保しやすい、
ということも伝えました。

ふぅ・・・これで私の昼時間はまた削られてしまうな、と思ったのですが、
休憩時間を調剤室で過ごす私的にはあまり関係ないかな~と思いなおしました。
(他の職員と過ごすと、お互いに休めないかな~と思っています、日ごろから。)

********************************
なお、余談になりますが、私が最近まで担当していたデイサービス職員が独立し、
私個人に挨拶に来てくれました。ありがたいですね~仕事以上に私を信頼してくれていて。
ケアマネさんの紹介ルートは彼女が持っているので、在宅の突破口は問題なしです。

この方も最初は「薬剤師に話すことは特にないです」という状態からスタートでした。
1年くらい薬剤師としてできることをしてきたら、「薬屋さん」としての信頼を獲得し、
最終的には「私個人」に対して薬物療法の相談をしてくれるようになりました。

たぶんですが、自分の仕事にプロ意識を持っている方だから、
私の本気度、覚悟を感じ取ってもらえたのかな~と思っています。
まあ、「私もしょせん薬剤師なんで、やれる範囲は狭いですけどね~」と
緩い言葉もかけていたことが奏功したんじゃないかって思ってます。

コメント

回答:2件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5568件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る