医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

かかりつけ薬剤師って?

投稿者:にっしー 投稿日:16/02/03 11:19 view282view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:60人

今おそらく、このかかりつけ薬剤師っていう話題が薬局では出ているのではないでしょうか?
そして、同意書なんて取れないよ、認定薬剤師とったほうがいいのかな?と思っている方も
結構いるんじゃないかと予測しますが。。。。

「それ、優先事項じゃないですから!!」

と私は先に言っておきます。これはチャンスではなく、最終警告と捕らえてください。
この薬剤師は必要か、患者さんが審査する時代が来たのです。
医師の言いなりに薬を出すだけの薬剤師には、お金も出したくないし、薬ももらいたくない、
こういう患者さんの気持ちが形になってでてくるのです。

いきなり辛口でスタートしましたが、かかりつけ薬剤師を目指すのであれば、
「自分が関わった事で患者さんに有益なものを与えているだろうか?」と本気で考察してください。
一人でもいますか?自分をいつも指名して、相談してくる患者さんが。

朝飲み忘れる患者さんに、「だめですよ~忘れちゃ」ですませていませんか?

「起床時でも空腹時でもいいから飲みましょう、いっそのこと夜でもいいですよ」、
くらいの話していますか?
服用時点が肝要な薬もあるので、ライフスタイルにあった選択肢を模索することも必要です。

検査値をあまり説明されず、医師からは「駄目だね~このままじゃ」と言われ、
まるで通信簿をもらったあとの小学生のようにへこんでいる患者さん、結構いますよね。
そんな患者さんに「基準はあくまで平均値、著しくはずれてないから、気にしないで」
「いきなり満点な生活すると息が上がっちゃうから、ゆっくり改善しよう」くらい声かけできますか?

一包
化指示があるから、ただやって算定していませんか?
日付いれることを検討したり、一包化が本当に必要か検討したりしていますか?
飲み忘れる原因を時々考察していますか?

私は優秀といわれる薬剤師ほど、物事を落としこんで考察できない気がします。
また、医師や経営者に卑屈と思えるくらい迎合する傾向にあります。
本当に今の自分の働き方は好きですか?ちなみに私は大好きです(笑)

 

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 new 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 new 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る