医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

私の足跡(2社目)その2

投稿者:にっしー 投稿日:16/03/09 13:22 view239view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:64人

人工透析門前に異動となり、人工透析患者さんとのふれあいが始まりました。
このとき、薬剤師としては3年目。でも、投薬スキルは今の1/4もありませんでしたw
最初はほとんどの透析患者さんは、頼りない薬剤師と思っていたはずです。

Aさん:40代女性、昼間の透析(3時間)
A「あら、新しいひとね。よろしくね。」
私「透析のことはわからないので、色々迷惑おかけするかも」
A「そうなんだ~あ、シャントって知ってる?」

そして、彼女はバッグから聴診器だして、「ね?結構すごい音するでしょ」と。
あとシャント痕を見せてくれました。「シャントってすぐ駄目になっちゃうから、
また今度作ってもらうことになるんだ。汚い腕でしょ?」

なぜ彼女がそこまでしてくれたのかはわかりませんが、透析患者さんを
すごくよく理解できるようになりました。とにかく笑顔が素敵な方でしたね。

Bさん:50代男性、昼間の透析(4時間)、警察官
この方は初めて会ったとき、「ん?なんだか頼りねえなあ。早く薬くれよ」って感じでした。
めげずに繰り返し対応するうちに、「アンタって意外と根性あるな。」と認めてくれて、
やっぱり透析のことを教えてくれました。かゆみと便秘(炭酸Caの副作用)がつらいこと、
透析後は脱水症状でふらふらなので、早く薬がほしくなること、など。
※ドライウエイトのこともこの方から知りました。

2年くらいだったかなあ・・・急性の狭心症で亡くなりました。
その直前の投薬時、「アンタ結婚はしてないのか?結婚はいいらしいぞ、俺もしたかったよ。」
「透析になるってわかってたら糖尿病もちゃんとしたんだけどな・・・いまさらだけど」
「俺みたいな糖尿病患者、ふやさないでやってくれよな。今までありがとな」
と遺言のように言って去っていきました。

いや~さすがにその方の死を知ったときは泣いてしまいました。
悲しくて泣いたというよりは、「本気の優しさ、思いやり」を見せられたからでしょうね。
それからかな~私もそういうことを他人にできるようになりました。(このとき30歳くらい)

Cさん:60代男性、夜間透析(4時間)、公務員、性格は超几帳面
職員や社長はこの方がとても苦手でした。まあ、私も最初は苦手でしたけどw
整形外科の処方をもらうと、電話をかけてきて、「いつものやつ、2週間と4袋な」とだけ。
事務員さんの領収証が気に入らないと、作り直してくれと言ってみたり。

まず、電話については「ああ、内服3種2週間、シップは大きいのだけですね?小さいのはないですね?」
とだけ確認し、「ああ、そうだよ。たのむな」で終了。
最初のうちは、「同じことを何度も答えさせるな」と怒られましたけどねw

領収証についてはPCでフォーマット作成。事務員さんには金額だけ入れれば簡単にできますよ、と。
本当はその方の字が上手でないことが原因だったのですが・・・それは内緒にしときましたw

その3へつづく
 

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5654件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る