運営からのお知らせ

医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
薬局

ルール的にはOK、倫理的にはアウト

投稿者:にっしー 投稿日:16/05/11 10:39 view211view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:57人

東京都知事の問題が引っ張りだこですね~
今日、コメンテーターが「倫理的にアウトな事を庇護するためのルールを政治家は作る」
というようなことをいっていましたが、なるほどな~と思いましたw

さて、薬剤師の世界でも実は、そういうことってありますよね。
1)処方日から2日経過した、急性疾患の処方箋を普通に調剤
⇒これはアウトですよね?初期症状に対する処方を、回復期に渡すわけですから。
(まあ・・・めまいとかならいいのかな~と思いますけどね)

2)疑義照会をしたら電話対応者(医師以外)に「そのままで」といわれてそのまま調剤
⇒納得いく説明が無いのにそのまま調剤・・・これもアウトですよね?
医師にきちんと伝わったかどうか分からずそのまま調剤⇒健康被害となれば、
薬剤師に全部責任来ますから。

3)在庫がなく、特別な対応もできないのに処方せん応需
⇒相手が選ぶならともかく、収益欲しさに一方的に処方箋を受け入れるのは間違いです
待たせるだけの価値を作れるなら、話は違いますけど。
(私ならすみやかに在庫のある近隣薬局を紹介、処方箋を先方へFAX、そこまでの道案内まで
やり、次回来ても対応できるよう在庫を作ります)

まじめな薬剤師さんに多いのが「自己正当化」です。
東京都知事もそうですが、自分を守るために能力を活用しています。
これでは駄目だと私は思いますね。薬剤師は患者さんの健康を守るために能力を使うべきです。

私はいつでもできることは何でもやろうと努力し、それでもできなければできないと認めます。
そして患者さんに謝ります、「これ以上は難しいです、ポンコツでごめんなさい」と。
「いや~十分やってくれたよ、ありがとう」とほとんどの場合は言われます。

相手が「もう十分ですよ」という前に、自分で限界を作っていませんか?
調剤の世界に限界なんてあまり無いと思います。治療には限界がありますけどね。
私は自分に限界を作らない薬剤師で有り続けようと思います。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1275件)

show

2016.12.06 new 220.できる、という言葉の反対は… 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(18423件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:11月30日~12月07日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月30日~12月07日

もっと見る