医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

ルール的にはOK、倫理的にはアウト

投稿者:にっしー 投稿日:16/05/11 10:39 view214view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:62人

東京都知事の問題が引っ張りだこですね~
今日、コメンテーターが「倫理的にアウトな事を庇護するためのルールを政治家は作る」
というようなことをいっていましたが、なるほどな~と思いましたw

さて、薬剤師の世界でも実は、そういうことってありますよね。
1)処方日から2日経過した、急性疾患の処方箋を普通に調剤
⇒これはアウトですよね?初期症状に対する処方を、回復期に渡すわけですから。
(まあ・・・めまいとかならいいのかな~と思いますけどね)

2)疑義照会をしたら電話対応者(医師以外)に「そのままで」といわれてそのまま調剤
⇒納得いく説明が無いのにそのまま調剤・・・これもアウトですよね?
医師にきちんと伝わったかどうか分からずそのまま調剤⇒健康被害となれば、
薬剤師に全部責任来ますから。

3)在庫がなく、特別な対応もできないのに処方せん応需
⇒相手が選ぶならともかく、収益欲しさに一方的に処方箋を受け入れるのは間違いです
待たせるだけの価値を作れるなら、話は違いますけど。
(私ならすみやかに在庫のある近隣薬局を紹介、処方箋を先方へFAX、そこまでの道案内まで
やり、次回来ても対応できるよう在庫を作ります)

まじめな薬剤師さんに多いのが「自己正当化」です。
東京都知事もそうですが、自分を守るために能力を活用しています。
これでは駄目だと私は思いますね。薬剤師は患者さんの健康を守るために能力を使うべきです。

私はいつでもできることは何でもやろうと努力し、それでもできなければできないと認めます。
そして患者さんに謝ります、「これ以上は難しいです、ポンコツでごめんなさい」と。
「いや~十分やってくれたよ、ありがとう」とほとんどの場合は言われます。

相手が「もう十分ですよ」という前に、自分で限界を作っていませんか?
調剤の世界に限界なんてあまり無いと思います。治療には限界がありますけどね。
私は自分に限界を作らない薬剤師で有り続けようと思います。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る