運営からのお知らせ

医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

在庫管理ネタ(本論)

投稿者:にっしー 投稿日:16/10/05 10:59 view139view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:64人

さて、本題に入る前に、在庫管理をする人間の心構えを話します。
大きく分けると、何も考えないヒト、論理的に考えるヒト、この二つです。
もちろん、後者にならないと在庫管理できません。

一見、第六感に頼って発注しているんじゃないかという管理者も居ますが、
それはまずないでしょう。「あ~明日、ミカルディスが使われそうだ」なんて漠然と思う方居たら、
ある意味心が病んでいます(笑)

最近、広域病院の採用がミカルディスになったな、とか
近隣医師がミカルディスの研修会に行ったようだ、とか
そういう情報を必ず得ているのです。

抗がん剤も大半は数年で処方がとまるものです。
乳がんや前立腺がんは耐性を懸念して、数年~5年で他剤切り替え、休薬となります。
また、支持療法はレジメンが分かれば、必要量、必要期間も予測可能です。
(患者さんからどれだけ情報を引き出せるか、にかかりますが)

眼科、耳鼻科、歯科、整形は近くにあることが多いと思います。
そこの処方傾向を患者さんや卸MSから仕入れておけば、
欠品リスクはかなり回避できます。
私は近隣医療機関の処方で、「在庫ゼロ」という経験は年に1~2回くらいです。
(そのようなときは、在庫のある薬局へ速やかに誘導しています)

さあ、ギブアップするのはまだ早いですよ(笑)
次は実践編でお送りします。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る