運営からのお知らせ

医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

在庫管理ネタ(テクニック編)

投稿者:にっしー 投稿日:16/10/05 11:52 view246view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:64人

さすがに打っていて疲れましたw
これで最後になります。授業料もらえるなら、出張講演してもいいですね(笑)

「え~こんな処方、普通対応できないよ。なぜ門前でもらわないの?」と
思ったことはありませんか?私なんて、しょっちゅうです。
おまけにオーファンドラッグの処方が良く来るんですよ。。。

そんなときは、「よほど門前が混んでいたか、嫌だったんだろうな」と気持ちを切り替え、
速やかに患者さんの手持ちに余裕があるのか、用意する時間をいただけるか、を確認しましょう。
在庫確認はその後にしなくてはダメですよ。

1)半分くらいは用意できるが、相手は早くほしがっている
2)ほとんど用意できない
こうなったら、他への紹介です。大手チェーンのDSは意外と在庫を持っています。
なので、そういう情報がなければ、リサーチしましょう。

幸運にも自分の店を選んでくれた場合、今後の在庫どうするか悩みますよね?
湿布(マイナーな商品)とか眼軟膏、ニトロペン舌下などなど。。。
結論から言うと、小分け購入で必要量だけ在庫しましょう。
薬価差益が出ないじゃないか、と思ったアナタ!それは間違ってます。
仮にニトロペン舌下(薬価13.6円)を10錠在庫するとします。

小分けで買うと、136円で、デッドになれば当然この金額がロスになります。
一方、100錠仕入(85%)した場合、20.4円の利益(136円×0.15)を得ますが、
90錠デッドになると1040.4円(13.6×90×0.85)損益が出て、トータル1020円のマイナスです。
追い討ちをかけるように、期限切迫したものを渡すリスクまで出てきます。

136円のロスはもったいないと思う方も居るでしょうが、ご安心ください。
すでに調剤を1回やっていれば、500~1000円くらいの手数料は取ってますよね?
利益が少し目減りするだけです。患者さんを逃すよりは全然マシですよね?

詳細は割愛しますが、私の計算では1回に46錠以下の払い出しであれば、
どんなに高価な薬剤であっても、小分け購入をするほうが最小ロスになります。
もちろん、2回目来店率が高いと思うならば、100錠1箱を速やかに頼むべきです。

さあ。。。いかがでしたか?
あなたの店の管理者はよく欠品をしていますか?
あまりしていないのなら、私のように「論理的な」管理をしているのです。
そして、そのおかげで、在庫を気にすることなく、調剤できているのです。

ですから、投薬数が少ないと不服に思うのは止めにしましょう。
管理薬剤師は日々、在庫のことを気にしながら、勤務薬剤師同等かそれ以上の
投薬をこなしているのですから。
できれば・・・管理者以外も協力してあげるようになるといいですね。

私は・・・今の会社ではあきらめています。
面倒なことから逃げる職員ばかりなので。。。
でも、いいこともあるんですよ。私も職員から頼られたとき、逃げやすいのでww

 

コメント

回答:2件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19745件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る