医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

薬剤師は視野が狭い傾向にある

投稿者:にっしー 投稿日:16/10/11 20:41 view135view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:60人

このタイトルを見て、「自分は違う」と思った方、今回のネタは読まなくてOKです(笑)
でも、内心、「そうかも。。。」と少しでも思ったアナタ、読むだけ読んでみてください。

さて、私がこう書いたことには根拠があります。
それは薬学部を卒業した方々の大半は「ペーパーテストは得意だけど、論文は苦手」
な傾向にあるからです。(くどいようですが、違う方はスルーしてくださいw)

論文が苦手な方は・・・起承転結を考えたり、全体を俯瞰する能力に欠けているのかもしれません。
逆に、部分にフォーカスしていくことは得意なので、ルーチンワークを効率よくこなすことに関しては
トップクラスなのかもしれませんね。

視野が狭いというのは一見悪く聞こえますが、言い方を変えるとルーチンワーク向きなんです。
調剤薬局の大半はルーチンワークじゃないかな、と私は思います。
例外的に管理薬剤師業務や薬歴管理の難しい患者さんの投薬では、視野の狭さがアダになります。

恐れず書きますが、視野の狭い薬剤師は管理薬剤師に適さず、勤務薬剤師に落ち着く、
そう思っています。でも、そういう方がいるから、私は管理薬剤師が出来るのです。
そして、かかりつけ薬剤師になれるんです。

最後に私が言いたいのは、「俯瞰的に物事をみて、大局を動かすことばかり考える性格」と
自分のことを熟知するからこそ、「誰にもできない調剤、投薬を担当する」と周囲に宣言し、
ルーチン投薬をお任せしているのです。(感謝の意思も時折伝えつつ)

ま~小難しいことを並べましたが、
「どうせやるなら、皆が逃げ出す仕事を涼しい顔でこなしたら、かっこええやん」と
出来るかどうか分からない調剤・投薬をまず引き受けているだけなのかもww

今まで、出来ないと完全に断ったことはないですね。。。不思議なことに。
それ以来、「在庫さえあれば、調剤・投薬できない処方箋は無い」と豪語しています。
昔は「処方箋が来て逃げたことはない」と言ってましたが、何か表現がださいなってw

「私、失敗しませんので」と某ドラマの女医師が言っていますが、
あれくらいインパクトのある表現ないかな~と考えた末、今の表現に落ち着いています。
 

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る