医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

池田信夫氏の発言

投稿者:にっしー 投稿日:17/06/15 11:31 view204view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:63人

日経DIオンラインをご覧の方はご存知ですよね。
この方が面白いことをご自身のツイッターで言っているようです。(以下抜粋文面)

「薬剤師免許は単なる競争制限ではなく、医療費の国民負担を膨張させているのが大問題。厚労省も規制改革せざるをえないだろう」

「薬剤師なんか資格認定で十分。薬学部に6年も行かなくても、処方箋の通り薬を出すのはバイトでもできる。ゼロリスクを求める人は、資格をもつ(高い)薬局で買えばいい」

さて、皆さんはどう思うでしょうか。
早速彼のブログに飛んで読んでみると、他のツイッターで面白い意見を目にしました。

自転車に自動車運転免許が不要と言うのと同じように、
薬剤師免許が不要なOTC販売があるというような意味のコメントです。
正直、すごく納得しました。

以前からずっと思っていたのは、
1)湿布剤なんて事務員が出しても同じじゃないか
⇒アスピリン喘息が無いことさえ確認できれば、誰でも出せる

2)慢性疾患で、処方もずっと変わらない患者さんに薬剤師必要?
⇒もちろん、プロ意識の高い薬剤師が関われば意義が出てきますが、
そうでない薬剤師の場合、医師の顔色伺いながらただ出すだけですよね?

まあ、経済学者のオッサンが生意気だな、と私も思いましたけどねww
話を戻すと、『処方せん薬』を見直す時期に来たんじゃないか、と思います。

私に言わせれば、アレルギー剤なんて全部OTCにすればいいんですよ。
点眼も点鼻も。(まあ、今ではかなりOTC化されましたが)
そして、医科向けから削除すればいい。

医師にお金だけ落としに行く花粉症患者さんが気の毒です。
いいじゃないですか、薬局できっちり確認して、『薬代』だけもらえば。
自己責任で不安な患者さんには『薬歴管理』のオプションをつけて、少しだけ料金をもらう。

おそらく、耳鼻咽喉科や皮膚科、呼吸器のようにアレルギー疾患を専門とする医師が
こぞって反対する意見を出すことでしょうけど、
『あんたたち、肝機能検査やってないよね?じゃあ、薬局で売っても同じじゃん』と
問いかけてみたいのは私だけでしょうか??

コメント

回答:2件

記事・レポート(1340件)

show

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.20 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20034件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5677件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:10月10日~10月17日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月10日~10月17日

もっと見る