医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

ペーパー試験の必勝法

投稿者:にっしー 投稿日:17/07/15 08:50 view142view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:64人

最終学年の薬学生は、国家試験に向けて、注力をしている時期ですね。
夏に薬ゼミへ通う人達もいるのかもしれませんね。

最近、知人にペーパー試験のコツを教えたことがあり、
その内容をココに落としてみたくなりましたw
そんなに難しい話ではないので、勉強の箸休めにいかがですか?

さて、早速本題ですが、私は『8:6の法則』と名付けますw
皆さんは得意科目、苦手科目、ありますよね?
勉強する時、得意科目に時間をかけますか?それとも苦手科目に時間をかけますか?

私の提唱したい理論はズバリ、得意科目8割、苦手科目6割の正答率をめざす勉強です。
苦手科目を6割台なんて無理無理、というアナタ。合格ラインの6割5分を超えるには
避けて通れない道なんですよ。

でも、言い方を変えれば苦手科目が多くても目標に到達できるのです。
例えば、得意科目が3割、苦手科目が7割を占めるテストがあったとします。
0.3×0.8+0.7×0.6=0.66、つまり66%の正答率になるんですよ。
すごいと思いませんか?苦手科目が多くても何とかなるんです。

そして、苦手科目6割を目指すメリットはもう一つあります。
それは『伸びしろが大きい』ということです。
得意科目を80⇒90%にするより、苦手科目を60⇒70%にするほうが楽ですし、
得られる成果(点数アップ)は変わりません。
(注意;傾斜配点のない国家試験の話ですので、センター試験には当てはまりません)

ちなみに8:6の法則を8:5にしても
得意3割、苦手7割の場合、0.3×0.8+0.7×0.5=0.59ですから、あと少しのレベルになります。
ですから、5割以下の正答率である科目にたっぷりと時間をかけ、6割を目指しましょう。
得意科目を8割なんて無理だよ~というのはナシでお願いしますww

コメント

回答:1件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5653件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:09月17日~09月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月17日~09月24日

もっと見る