運営からのお知らせ

医療を科学してみる?
日常業務で感じた疑問を少しだけ科学的に分析します。もちろん、私の私見だけでなく、メーカーDIやネット情報なども駆使して。

にっしーさんのブログ

にっしーさんのプロフィールへ
調剤薬局

医師はわかってないなあw

投稿者:にっしー 投稿日:18/01/09 19:43 view293view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:70人

医師って本当に世間知らずですね~
もう少し、医師が世間でどれだけ傲慢な態度を示してきたか、歴史をひも解いて
よ~く考えてほしいものですw(以下のリンクをご覧ください)

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/feature/f180101/201801/554359.html

  >「連携」──。 医療・介護職とつながる多職種連携も、薬剤師同士がつながる薬薬連携も、薬剤師の活躍の場を広げるためには欠かせない。

私の最も嫌いなキーワードですね。これじゃあ、連携が皆出来ていないように見えますから。
私はもう10年以上前からやってます、報酬無しでも、と声を大にして言いたいですね。

>25年以上が経ち、在宅医療が普及しつつありますが、在宅チームの一員として薬剤師が十分に存在感を示せているとは、残念ながら思えません。

これは事実なので、否定するつもりはありませんが、それを唯一阻害しているのが医師ということを
この方は全く理解していません。

>私自身、薬剤師に助けられたことも多く、その必要性は十分に感じています。しかし、各地で活躍している薬剤師はいるものの、薬剤師全体としては、在宅医療・介護の土俵にいまだ上がっていないというのが、正直な印象です。

こういう医師いるんですよね~『私だけは分かっているんですよ』みたいな医師が。
でも、こういう医師が私は問題だと思うんです。
『同じ医師間で話を広げなさいよ、今のままではあなたの自己満足だ』と私は言いたい。
(薬剤師だけに注文出すんじゃねーよってことですw)

そう感じる要因の1つは、休日・夜間の緊急時の対応の不備にあります。
>対応してもらえないなら、来てもらっても仕方がない、というのが本音なのです

そのセリフ、そっくりそのまま、開業医にお返ししたいですね。
24時間対応をしようとする薬局に対し、『24時間対応どころか、昼間もきっちり閉院する』ような
開業医はゴロゴロいて、そういう医師に限って『地域包括連携加算』を算定しています。

この加算を算定すれば、『応召義務』は通常の時よりも発生するのに、全くそういう姿勢がなく、
休日なので、対応できません、と留守番電話になっていることがほとんど。
(きちんと対応した開業医を私は全く知りません)

>癌や神経難病、小児などで医療依存度の高い患者については、輸液や注射剤の無菌調製が必要ですが、その対応が可能な薬局が限られていることも課題です。

小さい会社がそこまで対応したら、間違いなく破産ですw
経済概念が医師には欠落していると言いますが、まさにその典型例でしょう。

>医療用麻薬を取り扱っていなかったり、限られた品目しか備蓄していない薬局が多く、処方箋を出す前に薬局に電話をして対応可能か、どの薬ならあるかを問い合わせることが少なくありません。

そんなの当たり前ですよ。患者さんのためを思えば、『普通に』在庫しているかどうかくらい考えて
処方すべきです。せめて、薬剤師会にでもそのような要望を出せばいいのに、
雑誌で遠吠えするなんて・・・問題外ですねw

 

コメント

回答:8件

記事・レポート(1400件)

show

2018.07.18 new 303.ジワリと厚労省に迫る“お隣さん”からの切り… 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.07.11 new 302.東南アジアからの訪日観光客への関心を 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.07.05 101.薬剤師と責任 【世塵・風塵】

2018.07.04 301.薬剤師としてフェイクニュースへのアンテナを 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.06.27 300.たった3万人という衝撃 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(12件)

show

ブログ(5375件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:07月13日~07月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月13日~07月20日

もっと見る