続けられるかな
私の日常

黒ねこさんのブログ

黒ねこさんのプロフィールへ
企業

漢方が危ない

投稿者:黒ねこ 投稿日:11/01/25 16:52 view117view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:10人

タイトルは、昨年NHKの「おはよう日本」で特集された生薬資源の問題を取り上げたもの。ですが、このタイトルのせいで、漢方薬は飲んだら危険なものだと誤った理解をしてしまった方々が少なからずおられたようです。
番組をきちんと(?)見られた方は、この誤解に気付かれたはずですが、放送された時間帯が朝だったこともあるし、タイトルだけで、生薬(or漢方薬)の残留農薬等々の問題と勘違いされたということのようです。

そして、本題の資源不足についても、今すぐにでも漢方薬が無くなってしまうかのように誤解され、心配された方も。
資源不足は事実ではありますが、すぐに如何こうなるような問題ではなく、このまま何も考えないでで乱獲すると大変だと言うことですね。行政の方も、業界団体でもいろんな検討をすすめています。
このブログを書いている私も、「ショウガ」であおってしまいましたが・・・  スミマセン

物事を正しく伝えるというのはすごく難しいとつくづく思います。

「ショウガ」にしても「脂肪を落とす(?)漢方薬」にしても、そのものの存在は決して悪くないのだけれど、商魂たくましく作り上げられた宣伝文句と、流行に振りまわされていませんか?

漢方のやせ薬と称して、このままOTC漢方薬として安易に使われると大変なことになりそうで不安です。
日本人でこの薬(防風通聖散)が合う体質の人は少ない(はず)だし、使い方無難しいのに。
(漢方に詳しくも無いくせにこんなこと書いて大丈夫?かなとは思いつつも・・・・・)
間違った使い方が、副作用を生み、添付文書に記載され、やっぱり漢方は効かない、危ない薬なんてことになりませんように。

まだ学生だったころ、ある勉強会で漢方専門に治療を行っておられた医師の先生に教わったこと
薬剤師として漢方をやるなら、まず一つ一つの生薬の薬能を知り、それら生薬の組み合わせによって生まれる効能を知り、それから、漢方の方意を勉強しなさい。

大ばか者の私は、その価値の大きさを知らず、忘却のかなたに・・・・・

あっ イメージ画像くろ猫の絵に変えました。

コメント

回答:5件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る