運営からのお知らせ

お薬日々思うこと
ツイッターでつぶやくのに足りないつぶやき

どんぐりさんのブログ

どんぐりさんのプロフィールへ
調剤薬局

漢方薬の失敗の思い出

投稿者:どんぐり 投稿日:10/12/15 14:26 view134view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:44人

インフルエンザが流行ってきたようですね・・・。

漢方では「麻黄湯」が有名ですが、まだ漢方の仕事を始めてまもないころ、「麻黄剤」に苦い思い出があります(^^;

知り合いの方が風邪で熱を出して、薬局にきてくれました。

「すぐ熱下がるのない?」と言われて、まだ漢方相談は出来なかった頃なので、薬局長に聞きにいったところ、「小青竜湯」でいいんじゃない?」との適当な返事。(今考えても、なぜ小青竜湯をチョイスされたのかわからん・・・)

でも、汗をかいていて、暑い暑いと言っていたので、なんか大丈夫かな?と思ったのですが、まぁ先生が言うんだし・・・とも思って小青竜湯をあげました。

そしたらその後風邪が悪化して中耳炎になり耳鼻科に行ったそうです・・・。本人は漢方のせいだとは思っておらず、病院の抗生物質はよく効くなぁ~なんて言っていましたが・・・これは絶対漢方のせいだったな・・・と今でも思います。

麻黄は温めて発汗させ、免疫力を高めて風邪症状を治すので、暑がっている方には向きません。(ただし石膏と組み合わせると止汗に働く)
暑がっている方には、清上防風湯、銀翹解毒丸、駆風解毒湯・・・など清熱の漢方薬が向きます。

その人にはほんと悪いことしちゃったけど・・・口伝えというのはダメなんだな・・・と教訓になりました。

麻黄湯、暑がっている人に与えるとモーレツに悪化しますのでご注意を!(熱があっても寒がっていて汗がなければOKです)

コメント

回答:3件

記事・レポート(1306件)

show

2017.04.26 new 239.モノで釣る手法の見直しを 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.21 new 薬剤師が知っておきたい! これからの肺がんチーム医… 【特集記事】

2017.04.19 new 238.良かったと感じられる行動はどんなことか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.13 39.4人に1人が週1回以上訪れるドラッグストアで… 【オモテに出ている裏話】

2017.04.12 237.薬剤師56位の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19590件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5545件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:04月21日~04月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月21日~04月28日

もっと見る