運営からのお知らせ

お薬日々思うこと
ツイッターでつぶやくのに足りないつぶやき

どんぐりさんのブログ

どんぐりさんのプロフィールへ
調剤薬局

早期発見ねぇ・・・

投稿者:どんぐり 投稿日:10/12/23 13:39 view102view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:44人

こないだのアサイチ見てて思ったんだけど・・・。(朝飯作りながらなので断片的で、内容間違ってたらすみません

乳がんの早期発見のための検査のこと。

巷では「乳がんの早期発見運動(?)」に躍起になっているけれど、早期発見すればイイものでもない・・・んだそうだ。

良性もので、手術する必要のナイものまで発見されて、とりあえず手術されちゃったり・・・。アメリカのある統計学では40代にマンモグラフィーや超音波の定期検査をやる利点は低い・・・って40代が一番乳がん見つかりやすいのに!?

う~ん。でもたしかに検査は癌の「予防」にはならんものだ。あくまでも「発見」するだけ。

それで思い出したんだけど、私の母親が、ある総合病院で治らない咳の検査の為にレントゲンをしたところ、肺ガンの疑いをかけられた。内科医も呼吸器科の医師も「写真の見た目からおそらく肺ガンだろう」という話。

以前乳がんをやっているし、父親はもんのすごいヘビースモーカーなので、心当たりがナイわけでもない。咳や胸の痛みも3,4年前から。乳がんの時に行っていた癌センターに紹介状を書いてもらい、そちらに行くことになった。

で、そこでレントゲンをとっても「おそらく初期の肺ガンでしょう。サイズ的に咳は癌とは関係ナイようですが・・・。小さいので細胞穿刺での検査は外れる可能性があるので、やらずに手術しましょう」と即効手術の日取りが決まった。

ただ、もし他に転移していた場合、手術はできないそうなので、転移を調べるためにPETをやることになった。

ちなみにその検査をやる前に、手術のための体力増強に!と思って、漢方の「人参養栄湯」の煎じ薬を飲ませてたんですね。(それで咳と胸の痛みは良くなってきた)

PETをやった結果・・・転移はなく、なんと!もしかしたら怪しいブツも癌じゃないかも???という話になり・・・もう一回最後に確認でレントゲンを取ることになった。これで1ヶ月間にレントゲン3回目。(総合病院1回と癌センター2回目)

そしたらそのアヤシイ丸い影はなくなってたんです!癌じゃなかったんです。ただの肺の炎症。(ちょうど丸く炎症起こしていた)

危うく肋骨も開けて肺の手術されるところでした。小さいから中身取り出さないと検査できない・・・って話だったので、3回目のレントゲンでなくなっていなかったら手術するところでした。

後遺症も残るかもしれない意味もない手術なんてイヤですよね・・・。

その体験を考えると・・・とにかく検査しまくって、小さい異常を全て見つけよう!っていうのはいいことかは分からないです。

どうせ完璧な健康人なんていませんしね。

でも早期発見で命が助かる方もいるわけで・・・難しい問題です。

コメント

回答:2件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る