お薬日々思うこと
ツイッターでつぶやくのに足りないつぶやき

どんぐりさんのブログ

どんぐりさんのプロフィールへ
調剤薬局

遺伝子の性格

投稿者:どんぐり 投稿日:11/03/01 18:07 view531view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:44人

最近興味深い記事を読んだ。

キツネは本来あまり懐かないものですが、人に慣れ易い性格の強いものだけ選んで交配を続けていくと、10代目以降位からイヌのように誰にでもなつくカワイイキツネになるんだそうです。
しかも性格だけで選んでいるのに、何故か耳が垂れてきたり、シッポが短くなったり、ブチ模様になったり・・・と本来のキツネの模様ではない毛色にまでなっていくのです。

へー、じゃあイヌもそうやってオオカミからイヌになったのかな~と思いました。

また逆に人に攻撃的な性格に交配していったキツネの子を、人懐っこいキツネに育てさせても攻撃的なんだとか。なので性格は生まれつきのものと考えられるのです。

でもまぁイヌもシェパードとかプードルとか種類によって性格にパターンがあるし、たしかにそうなんでしょうね。

その「人に懐く性質」は、ある遺伝子変化によるものらしいのですが、ヒトの遺伝病で「ウイリアムス症候群」の方の遺伝子にも同じ変化のパターンがあるそうです。

ウイリアムス症候群の方は「明るく朗らかで人懐っこい」性質の人達です。人を憎んだり、疑ったりする気持ちを持たず、人の表情を読み取る能力は、健常者よりも細やかに判別できたり、また知的障害があると言われていますが、言葉の表現能力は非常に豊かなのだそうです。

ただの病気・・・と言ってしまえばそれまでですが・・・遺伝子の変化も神様から授かった能力なのかもしれません。

けれど全く種族が違うのに、遺伝子上では同じパターンが見られるなんて・・・DNAを通じて我々地球上の生き物はみんな平等なのですね。本当に不思議です。






コメント

回答:3件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19947件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5649件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:09月14日~09月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月14日~09月21日

もっと見る