お薬日々思うこと
ツイッターでつぶやくのに足りないつぶやき

どんぐりさんのブログ

どんぐりさんのプロフィールへ
調剤薬局

漢方で悩むこと。

投稿者:どんぐり 投稿日:13/05/28 03:00 view270view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:44人

漢方を勉強していて、ものすごく悩むこと・・・。

ハッキリしたエビデンスがナイ・・・と言うか、考え方が人それぞれ過ぎる・・・と言うことでしょうか?

エビデンスがナイ・・・ということに関しては、「いや、漢方は長年の実績があるものが残っているのだから、それが効果の証明になる」という意見もあるし、もちろんそう思う。

たしかにちゃんと効きます。効きすぎて、こっちがたまげることもあるし・・・。

でも、現代は昔の医学では生きていなかった人もいるわけだから、これから実績を作っていかなければならない分野もあると思う。

とはいえ、成分だけで漢方薬を選ぶこともできないし、病名漢方だとまず失敗することが多いので、古典に従うことは本当に大事。(そんなに読み込んでませんが)

ただ科学的なことも分かってきているので、悩むケースもある。

例えば、最近行っているいくつかの講演会の先生の話。

婦人科専門の中医師の先生の講座ですが、その先生は乳癌・子宮癌などのホルモン依存性の癌に関しては、強壮作用のある動物系生薬の使用は原則控える・・・ということ。また、四物湯、六味丸なども一応控えるべき・・・という考え。(当帰など調経作用があるものも含む)

絶対禁止・・・というわけではなくて、作用から考えると控える方が無難・・・ということでしたけどね。

銀座かどっかの漢方クリニックの医師もそんなようなことを書籍に書いてました。

某漢方メーカーにも問い合わせて、そういったデータがあるのか伺いましたが、「そのようなデータや報告はナイ」という話でしたが・・・。

でも、自分の経験では、採卵できない44歳の女性に、動物系補腎薬を使っていて、たしかに採卵できるようになったけど、子宮筋腫まででかくなった・・・ということもあったので、やっぱり微妙なのかな・・・とも思う。

別の講演会では、有名な鍼灸師で漢方の治療もやっている先生の話。

前立腺肥大に活血薬と海馬補腎丸を使うという話でしたが、上記のことがあったので、海馬補腎丸使ったらホルモン作用で余計肥大しそうだな・・・と思った。

実際、それについて質問している薬剤師もいたのですが、「漢方はホルモン剤としての作用で働くわけではないので、問題はないと考えます」とのことでした。(心配なら六味や八味地黄丸使えばいいのでは?ですって)

古典に従えば、副作用はナイ!というのが昔からの漢方治療家の考え方。

副作用がある・・・という証拠もナイので、なんとも言えません。

逆にその証拠がナイので、漢方を自由に使用する逃げ道にもなっているかもしれない。

他にも悩むのが、バイアスピリンやワーファリンなど抗凝血薬を飲んでいる人に活血薬を飲んでイイかどうか・・・。

これに関しては、普通の薬剤師の方からはブーイングがきそうですが・・・。(処方箋貰ってる人に勝手に薬出すなって。でも医師と相談しても解決しないケースが多いので相談にくるわけで・・・)

血栓は漢方ではオ血なので、基本は活血薬が必要だけど、まぁバイアスピリンやワーファリンはすでに活血薬を飲んでいるのと同等なわけなんですよね。

だからさらに漢方で強く活血するというのは、絶対出血傾向になるんじゃないかと思う。

でも化学的な薬ではオ血はとれないので、飲んだ方が良いという考えの方が多いです。(たしかに抗凝血作用だけではね)

血液サラサラでも作用が違うから、という理由。(それも質問している薬剤師がいましたが、その先生の経験では問題ないとのことだそうです。)

でもね~な~んか微妙。個人差や飲んでいる量もあるからなんとも言えないんだけど、なんとなく作用増強する気がするので、自分は使うの止めました。(自分よりはるかに経験豊富なエライ先生に文句いえないけど・・・^^;)

使った方が良い方には申し訳ないんですけどね。

使ってみないと分からないから、やっぱり使わないでおきます。

そういう細かいところがハッキリしてくると、もっと漢方は使いやすいのになぁ~と、勉強会のたびに違った意見を聞くたびに悩むのでした。

まぁ結果的に体調が良くなればそれでいいんでしょうけど・・・^^;



※オ血(おけつ)のオって環境依存文字だかで入力できないんですね~なんかカタカナは変ですね。

コメント

回答:2件

記事・レポート(1340件)

show

2017.07.27 new 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19813件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る