メタボなぐちりんぼ
煮詰まったときに愚痴ります。

メタボなぐちりんぼさんのブログ

メタボなぐちりんぼさんのプロフィールへ
病院

計数調剤時の端数処理

投稿者:メタボなぐちりんぼ 投稿日:13/03/17 22:24 view394view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:1人

四つ葉のクローバーさんのブログで21錠のつくりかたが盛り上がっていました。

その中に、
「21錠を10錠+5錠+6錠で出すと、患者さんからクレームが」
というものがありまして。

・・・・・・

個人的には、クレームではなく、一般的なごく当たり前の感情だと思いました。
「なんかバラバラに渡されてる」
そのとおり。バラバラだと思いました。
自分が薬もらうとき、ハサミがナナメに入ってるのも、
シートがきれいに組み合わさってないのも、
包装変更品の旧品が混じってるのもイラッとするもの。

・・・・・・・・・

私に計数調剤のイロハを教えてくれた師匠は、
大学院生時代にアルバイトをさせてもらってた調剤薬局の薬剤師。

●(10錠シートの場合)総数量の1桁台だけはハサミを入れたシートで出して良し。100錠はアルミパックやフイルム巻を外さずに。10錠シート複数枚も、メーカー出庫時に組んであるように、きちんと揃えて出す。

●見た目きれいに揃ってる=整理整頓できてる=在庫管理OK(旧品残なし)=医療安全上も有効。

●誤嚥防止の為に1錠ずつ切り離せないようにPTPが工夫されているのに、10錠シートに縦にハサミを入れて5錠にすると、その工夫が全く意味をなさなくなる。縦にハサミを入れるのは最小限にしたい。だけど薬局の都合もあるから、ウチは縦にハサミを入れるのは3錠まで。

●特に3日分に注意。3錠3x3日分の場合、7錠+2錠や5錠+4錠で9錠を作るとトラブルが起こりやすい。3錠(縦)と6錠を並べて3x3=9錠を印象付けて渡すと、用法の勘違いも防げる。

・・・
などなど。

常勤薬剤師1人の小さな調剤薬局でしたが、
今考えても本当に質の高い実習をさせてもらいながら
アルバイトをさせてもらったと思います。





ということで。
改めて師匠のやり方をご紹介。

★端数で出すのは総数量の1桁台のみ。端数のつくり方は以下のとおり。

1錠出すときは3錠(縦)から1錠をとる。残は2錠扱い。
2錠出すときは、2錠。
3錠出すときは、3錠。
4錠出すときは、4錠。
5錠出すときは、2錠+3錠。
6錠出すときは、6錠。
7錠出すときは、3錠+4錠。
8錠出すときは、8錠。
9錠出すときは、3錠+6錠。

10錠シートを割るときは2錠+8錠、4錠+6錠で。6錠は縦にハサミを入れて3錠を作る。
(つまり、バラで手前に置いてあるのは2、3、4、6、8錠つながりだけ
なお、上記端数は予製しない。
例えば、端数の無い状態で7錠払い出すときは、10錠シートから縦3錠を切り取り、払出し。


そんな感じ。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show
カレンダー

よく見られているブログランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る