運営からのお知らせ

ココヤクの孫cocco(コッコ)のブログ
ココヤクを支える孫のブログです。

coccoさんのブログ

coccoさんのプロフィールへ
調剤薬局

手術

投稿者:cocco 投稿日:11/04/11 17:54 view92view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:8人

こんばんは

春というのに、東京は夕方から雨空。大きな余震。気分が晴れません

先週末、私はまぶたに霰粒腫という大きな爆弾を抱えていたため、

それを除去する手術を行ってきました

それはもう、怖かったです。。

普通なら瞼の内側から切開するそうですが、私の場合、大きくなっているためそれが難しく、

外側からの切開でした。


消毒用の目薬数滴と麻酔の目薬数滴を点眼され、

麻酔が少し効いてきた頃に、麻酔の注射を瞼の内側から1回、外側から2回ほどしました。

これが痛いし怖かった。

そうこうしているうちに、注射の麻酔が効いて、

切開開始。瞼に板のようなもの?をクリップ?で挟まれて、
(何が起こっているのか見えない状態でしたので、感覚的におそらく。)

はさみでじょきじょきする音が聞こえてきました。

おそらく、中の霰粒腫を皮膚から離すためにじょきじょきしていたのだろう。
(何が起こっているのか見えない状態でしたので、感覚的におそらく。)

そんな状態が15分くらい続いたのでしょうか。

最後は、止血のために目を抑えられた。

最後ちくちく縫って終わり。

恐怖でした。

術後の麻酔が切れたころ、とんでもない痛みに見舞われました

顔の左上の1/4がうわ~って痛みが広がりました。

今は大分落ち着いています。

只今プチフランケンの状態で仕事しております

抜糸も痛そうだな

ちなみに、痛み止めでロキソニンSを処方されました。
あと、抗生物質。名前忘れましたが。
 

コメント

回答:3件

記事・レポート(1382件)

show

2018.04.18 new 290.全滅全敗と笑顔で話せる業界の感覚 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.13 new 学会レポート_患者さんが安心してがん治療を受けられ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2018.04.11 new 289.そちらでやるなら、こちらもこうする 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.06 がん患者さんの治療の伴走者として薬剤師に必要なこと… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2018.04.05 98.服用薬剤調剤支援料 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(20640件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(15件)

show

ブログ(5793件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:04月13日~04月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月13日~04月20日

もっと見る