素敵な中医学教室
大学では勉強できなかった中医学の話しをします。

黒霧王国さんのブログ

黒霧王国さんのプロフィールへ
その他

屠蘇散

投稿者:黒霧王国 投稿日:11/11/22 23:57 view162view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:6人

 
 三国時代の名医・華佗の処方と言われていますがどうでしょうか?

  処方内容は山椒・細辛・防風・肉桂・乾姜・白朮・桔梗で、江戸時代は年末になると医者が患家に配り、それが薬代の催促になったそうです。

 もともとは中国の風習でしょうが、平安時代に日本に伝わり、江戸時代には庶民へと浸透していきました。

 屠蘇とは蘇という鬼を屠(ほふ)るという意味で、日本酒に少量の味醂を加え一合に一袋を浸し(6時間)、正月三が日に年少者から順次盃を廻し、一家の健康をお祝いしました。「一人これを呑めば一家病無く、一家これを呑めば一里病無し」と言われ、伝統的な正月の祝いの膳には欠かせないものとなっています。

 お屠蘇気分という言葉は聞いた事があるかもしれませんが、今は元旦に家族でお屠蘇でお祝いをする家庭も減ってきました。

 昔は年の瀬になると薬局に買いにこられたものですが、今は少なくなりましたし、在庫していない薬局も多いでしょう。

 普段忙しいのだから正月くらい家族顔を合わせて心静かにお屠蘇で正月を迎えるのもいいのではないでしょうか?

 若い薬剤師に「屠蘇散あげようか?」と聞いたら、「カゼひいてないからいりません」と言われました。 orz・・・。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る