素敵な中医学教室
大学では勉強できなかった中医学の話しをします。

黒霧王国さんのブログ

黒霧王国さんのプロフィールへ
その他

【notマラソン】 花粉症と私

投稿者:黒霧王国 投稿日:12/01/09 15:42 view74view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:6人

 大学生の頃からの花粉症。

 中国に留学したらよくなるかと思ったら、さにあらず。ますます悪化。

 日中友好病院の中医内科を受診しましたが、今から30年近く前の事、中国にはこうしたアレルギー疾患が少なく、Drも戸惑っていました。初めはカゼだと思われてしまいました。

 当時逆に日本に留学していた中国人に聞くと、春になるとみんなマスクをしてくしゃみをしている。やはりはじめはカゼかと思ったそうです。

 それから月日は流れ、中国にも花粉症が登場。その名は「過敏性鼻炎」。中医学の観点から治療法が段々と定まってきました。

 面白いのは、花粉症の先輩である日本漢方と、後輩である中医学ではアプローチの仕方が真逆なこと。

 日本では鼻水の状態で小青竜湯、葛根湯加~を使うという、花粉に感作したあとを中心に考えますが、中医学では「虚しているところに邪があつまる」という観点から、邪(花粉、ホコリ・・・)が身体の中に入らないようにしたらというところから考えます。
 
 外からの邪気に犯されやすいのは気虚の状態。特に肺・脾・腎の気虚があると犯されやすい。

 玉屏風散、補中益気湯、八味丸などで気虚の状態を改善しておく必要があります。

 よくシーズン前から小青竜湯を飲んでいる人がいますが、あれは解表剤。カゼひく前にPLを飲み続けているようなものです。

コメント

回答:4件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る