素敵な中医学教室
大学では勉強できなかった中医学の話しをします。

黒霧王国さんのブログ

黒霧王国さんのプロフィールへ
その他

花見

投稿者:黒霧王国 投稿日:12/04/10 21:05 view121view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:6人

 桜は漢方薬の原料になるでしょうか?

 中国では使っていません。でもさすがは日本。日本ではヤマザクラの樹皮(桜皮)を解毒の目的で使っています。

 ここで言う「毒」というのはみなさんが考える「毒」とは違います。「熱」の状態が極まった状態をさします。発熱して咽喉が赤く腫れて痛いのも熱が極まった状態ですから清熱解毒剤を使います。

 桜皮の処方されているのは「十味敗毒湯」、江戸時代の外科医、華岡青州の処方です。ただこの処方自体、中国の荊防敗毒散を変えたものですから、中国が日本だってパクッたて言ってこないか心配です。

 華岡青州と言えば、有吉佐和子の小説「華岡青州の妻」で有名になりましたが、世界で初めて乳がんの手術に自分が考案した麻酔剤「通仙散」(チョウセンアサガオ、トリカブト・・・)を使って成功しました。(1804年)これは記録が残っています。中国の華陀の「麻沸散」は三国志の中にでてきますが、処方内容も記録も残ってはいません。

 世界で初めて全身麻酔で乳がんの摘出手術をしたのは日本の外科医なんですね。手術記録では乳がんだけで153例だそうです。

 華岡は他に「中黄膏」、「紫雲膏」も作りました。いずれも私達がよく使っている軟膏です。名前くらいは聞いた事がありますか?

 ちなみにK社の十味敗毒湯には桜皮がはいってますが、T社のものには入っていません。「撲樕ボクソク」が入っています。同じ名前でも処方内容が異なることがありますから注意が必要です。

コメント

回答:6件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る