アップはスキップス
本を読んでいる時間と文房具を選んでいる時間が至福のときです。
最近はハニーティーと保湿にハマっています。

UNI子さんのブログ

UNI子さんのプロフィールへ
その他

『女信長』

投稿者:UNI子 投稿日:11/02/21 11:41 view41view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:4人

 大河ドラマ『江』の評判はわかりませんが、
これは織田信長が実は女性であったというお話です。


歴史はこういう解釈ができるから楽しいですね。
歴史小説の醍醐味です。


私の場合、読み進めていくうちに信長に共感できなくなってしまったのですが、
それが作者の狙いかもしれません。


おおうつけと呼ばれた頃の信長は、
男が城主だから天下泰平の世にならないのだ、という考えの下
(それは父の考えでもあったのですが)
女である自分が「女性の視点」から天下統一を果たそうと考えます。
もちろん男のフリをして。
自分の価値は「男ではないところ」にあると固く信じています。

信長が女であることを知っているのは、ごく一部の人たちだけ。
破天荒なやり方が周囲の反感を買いながらも、まずは尾張国を統一させます。


もちろん信長は、女の武器を最大限使います。

しかし女の武器が通用しなくなる年齢になると
自分のやり方に不安がで始め、男に頼りたいという気持ちが芽生えます。
「誰か力のあるものが自分を倒してくれれば、自分はこんなしんどい仮の姿から開放されて
女として生きることができるのに・・・」

そう思っていたところ、
当時の友将であり、ひそかなる愛人であった浅井長政に裏切られ、
失意のどん底に落とされます。

女として生きることは叶わず、
男として生きることにも疑問を持ちながら、
信長の考え方は少しずつ
「男に頼らなくても自分の二の足で立っていられる女になりたい」
と変わってきました。

明智光秀という理解者を得てもなお、
女として自分と男としての生き方の間で揺れ動きます。
最終的に、歴史に基づいて明智光秀に謀反を起こされるのですが、
その理由が泣かせます。
物語の終わり方がとても私好みでした。


信長が女性であった。
現実には無理であったろうなと思いながらも
もし信長が女性であったら、現在言われている信長の謎のいくつかに
答えが出せるのはとても不思議な気がします。

本当にあり得るお話なのではないか・・・?

そんなことを思える一冊でした。


あと、最後に付け加えるなら、
長政に裏切られた後ぐらいから、更年期症状が出ていたんだろうなー、とも思いました。
いや、深読みでないなら、そうと思える書き方をしていたんですよ。
なんか作者、すごいなーと読みながら思ったんです。


評判に違わず
★★★★★






コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20167件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5708件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:11月15日~11月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月15日~11月22日

もっと見る