運営からのお知らせ

毒にも薬にも。
薬局勤務の薬剤師のブログです。ダメな薬剤師のお手本と言う事でみていただけたら幸いです。

なぐさんのブログ

なぐさんのプロフィールへ
調剤薬局

週末

投稿者:なぐ 投稿日:10/11/20 00:11 view63view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:0人

今日こなした処方箋の枚数は58枚、中には循環器で朝食後だけでも15種類ある一包化薬の鑑査もしていた。
週末ということもあり、忙しい日だった。

自分は忙しさや体力的な事は特に気にならないが、問題は精神面である。先日も経営者と会って話をしたが、自分が一番処方箋の枚数をこなしているとのこと。グラフにして見せてもらったが出勤日は他の薬剤師よりもとびぬけている。

特に、こなしたいという訳ではない。やらずにいると、すぐに「怠けている・サボっている」と言われるからだ。それが嫌で一日中投薬と薬歴を書くだけで一日が過ぎてしまう。他のスタッフは話持ってお菓子を片手に薬歴を書いていたりしているのを後尻目に1人必死に鑑査をして薬歴を書いている事の方が多い。

薬局に居る時の自分は基本的に患者としか話さない。いや、他の薬剤師とと気軽に話せない状態である。喋るというと「はい」か「すいません」と小さな声で謝るぐらいだ。なぜなら、自分が話したら「・・あんなことを言った・・」などとヒソヒソ話が始まるからだ。あまり気軽に話せるといった状況ではない。患者さんには出来るだけ声を出して分かりやすく説明し、愛想良くするように気を付けている。

最も多く枚数をこなす中で調剤過誤が起こらないように細心の注意を払っている。過誤を起こしたら、自分の場合は一部の人間から徹底的に追及されて最終的には怒られるからだ。そして、また周囲の人間からヒソヒソ話が始まる。
過誤をしたら過誤の報告書を書くのだが「文章の書き方がおかしい」と言われて多いときは6回ぐらい自宅に持ち帰って報告書を書き直した事があった。他の薬剤師は、同様のミスがあっても追及はされず仕事中にほかの薬剤師と話しながら1回書いてそれでよいといった感じだ。

仕事は楽しくはない。ただ、生活のために今はやっているという状態だ。


コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19759件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5598件)

show

求人情報

show
カレンダー
ブログ履歴

よく見られているブログランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る