不思議な世界
疑問に思ったことや不思議なこと、オカルト・世界の陰謀話、
私の頭に突然浮かんだ妄想などを衝動的に書いていきます。

元祖SHINSHINさんのブログ

元祖SHINSHINさんのプロフィールへ
ドラッグストア

脚気論争と放射能論争

投稿者:元祖SHINSHIN 投稿日:11/07/11 01:25 view63view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:3人

明治時代、日本は脚気論争に沸いていた。  

何しろ当時、脚気の原因が何なのか、皆目不明だったという。。

1 伝染病説、 2 中毒説 3 栄養障害説

しかも、脚気の人間は、ある日突然に他界してしまうのだった。
どうやら心不全を起こしていたらしい。
戦闘での死亡者より、脚気で死んでいたものの方がはるかに多かったと。  

オマケにこの問題には、陸軍と海軍とのメンツ争いも手伝っていたから複雑だ。  
白米オンリーの食事をとっていた日本軍には、脚気が多発していたが、
パン食や玄米・麦食をとっていた、欧米やアジア諸国には脚気の多発がなかった。

このことから、明治天皇を始め、何人かの識者は白米オンリー食が問題だろうと気づいていたそうだ。
しかも、海軍が麦食を取り入れ、脚気の激減に成功。  

しかし、当時の軍医であった森林太郎(鴎外)が主だって、白米食にこだわった。  

☆麦食派 明治天皇、海軍、陸軍の一部
☆白米派 森林太郎、陸軍の大半、東大医学部  

そんなこんなでコジレテいるうちに、
明治33~昭和10年まで、毎年1~2万人推移で、脚気で他界する人多数という状態。
皮肉にも昭和14年、食糧難によって白米の供給がままならず、
七部づき米・玄米になってから脚気が改善しだし、  

最終的に、ビタミンB1の合成によって、脚気は更に激減した。
そして平成元年、脚気で死亡した人は、たったの5人なのであった。  

★「病気の近代史」  
  秦郁彦著 文藝春秋 1,762円+税  2011.5.25第一刷
  第二章 脚気論争と森鴎外  

*****************************************

なにやら、現代の放射能論争と状況が似ている。

何が本当なのか、今のところ誰にもわからない。  

広島・長崎のデータや、チェルノブイリのデータを下敷きにして
安全だという学者もいれば、  

そうしたデータ自体がそもそも捏造されているのであって、
お話にならないほど実は危険なのだという学者もいる。  

はたまたR・コシミズ氏のように、
3.11が海底核爆発による人工地震なのであるから、
福島原発は元々安全なのであり、
放射線汚染水を海底に捨てたのは、地下核爆発の放射能をマスクするためだという説もある。  

何が本当なのか、誰にもわからない。。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る