運営からのお知らせ

不思議な世界
疑問に思ったことや不思議なこと、オカルト・世界の陰謀話、
私の頭に突然浮かんだ妄想などを衝動的に書いていきます。

元祖SHINSHINさんのブログ

元祖SHINSHINさんのプロフィールへ
ドラッグストア

NAFTAに参加して、どうなったメキシコ

投稿者:元祖SHINSHIN 投稿日:11/09/02 00:58 view34view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:3人

・・・つまり(メキシコ)政府自体が、
主にイデオロギーに駆られて食糧の国際貿易の自由化を促進してきたのである。  
事実、交渉相手だった米国は、メキシコが農業分野について交渉する姿勢を見せたことに驚いたという。  

米国は、自由貿易が農民の貧困を深刻化させ、メキシコの農村が不安定化する可能性について懸念を表明した。
だが、メキシコ側の交渉者は、大丈夫だと請け負ったという。  

NAFTAの交渉は、メキシコ政府が貧しい人々に対して不十分ながら配慮してきた方針を撤回し、
非常に裕福な人々に奉仕するための政策実現に舵を切ったことを如実に表していた。
これは民主主義が機能不全に陥っていなければ生じなかった結果である。
そして、メキシコ政府は自ら進んでこの民主主義を犠牲にしたのである。  

メキシコ政府は、トウモロコシの自由貿易化の一環として、
十五年間に渡って国内価格と国際価格の差額を補填する「移行措置」と輸入量制限の実施を認められた。
この上限を超えて輸入されたトウモロコシには、関税が課されることになった。  

しかし、米国からメキシコへのトウモロコシの輸出量は、
1994~98年には毎年この上限を上回っていたにもかかわらず、
メキシコ政府はそのお陰でインフレが抑制されたとして、超過分にも関税を課さなかった。
この超過分に課税していたら得られていたはずの収入は、二十億ドルにもなる。
****************************************  

★「肥満と飢餓」
  ラジ・パテル著 作品社 2,600円
  第二章 あなたが、メキシコ人になったら・・・
  P.081~082より、一部改変抜粋  

ざっくり言うと、メキシコの小規模農家は壊滅状態になったと。
一部の大規模農家は残ったものの、米国の農産物流通に占める割合は2%にすぎないと。 

  次のような予測も、初めからあったと。
****************************************
米国の農民は、生産価格を大きく下回る価格でトウモロコシを売りわたしている。
たとえば2002年には、米国産トウモロコシの価格は、
1ブッシェル=1ドル74セントだったが、生産コストは2ドル66セントだった。  

米国では長いこと農民が保護されてきており、
農機械や肥料、貸付、輸送など、さまざまな形で政府が補助金を出しているからだ。  
貿易が自由化されれば、米政府から補助金をもらっている米国産トウモロコシが、
メキシコの地域経済において最も弱い立場にある小規模農民の生活を破壊するだろうことは、
火をみるよりも明らかだった。
***********************************(同、P.072より)  

現在のメキシコは、他方面で更にひどくなっているようだ。
心臓の強い方は、「殺戮大陸メキシコの狂気」でネット検索するとよい。

TPP推進派は、ひょっとすると日本がTPPを解禁した後、
メキシコ化するのを恐れ、徒党を組んで山口組狩りを遂行しているのかもしれぬ。

「暴力団が滅びる時=民衆は武器を手にすることも不可能」
ということにもなる。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る