運営からのお知らせ

不思議な世界
疑問に思ったことや不思議なこと、オカルト・世界の陰謀話、
私の頭に突然浮かんだ妄想などを衝動的に書いていきます。

元祖SHINSHINさんのブログ

元祖SHINSHINさんのプロフィールへ
ドラッグストア

TPP=米国からの年次改革要望書+法的拘束力Part1

投稿者:元祖SHINSHIN 投稿日:11/09/04 02:04 view34view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:3人


田町で開催されたTPP勉強会の資料、とてもよく書かれているのだが、 
問題があまりにも多岐にわたるため、簡単に説明することは難しい。  

オイラなりに、これは外せないと思ったものを、少しずつ挙げていきたい。
★TPPへ参加するのかしないのかを、11月に米国へ決定報告しなければならない。  

演者の安部芳裕氏によれば、
現在のところ政治家の意識は、賛否半々なのではないかという。  

しかし、もうあと数カ月しかない。
万が一決定されると、年次改革要望書と違い、
TPPには法的拘束力があるというので、
24分野という広きに渡るTPP協定に参加した後で
「あー、やっぱりそれ嫌♪」
などというと、莫大な罰金を科せられる可能性が高いそうだ。  

何故にこのような広きに渡るTPP協定が、
突然にして降って沸いたのかというと、安部氏によればこうだ。  

***************************************

郵政民営化が決まった後に、
小泉改革というのものが実は「年次改革要望書」に沿って行われていたことが指摘され、
極一部の間で大問題になりました。  

その後、2009年に民主党が政権をとり、
鳩山内閣が「年次改革要望書」の受取窓口である「日米規制改革委員会」を廃止。  

そこで新たにアメリカの要望を通すために出てきたと思われるのがTPPです。
TPPの内容をみると、「年次改革要望書」と非常に似通っています。  

「年次改革要望書」は、あくまでも表向きは「要望」なので断ることもできますが、
TPPのように「協定」になってしまうと今度は法的拘束力が出てきてしまいますから、とっても危険です。

****************************************

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る