運営からのお知らせ

風の詩だ
私らしく生きる

grygthgtfさんのブログ

grygthgtfさんのプロフィールへ
ドラッグストア

不妊症の原因 頸管粘液検査

投稿者:grygthgtf 投稿日:11/01/25 12:47 view72view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:1人

些細な以上でも不妊症の原因となっていることがあるため、検査を行うことで小さな異常が改善されて妊娠する事もあります。

検査、というとまだ治療を開始したわけではないと思ってしまいがちですが、検査こそが大切なのです。 頸管粘液検査 頸管粘液は卵胞ホルモンの影響を受けて様々な変化を繰り返しています。そのため頸管粘液の結晶状態や粘度を調べることで、排卵の有無や排卵が定期的に起こっていない、卵胞が成熟しない、などを知ることができます。また、排卵誘発剤を使用した場合、その効果や状態の変化をみたり、タイミング療法を行っている間にも行われます。 検査方法 頸管粘液の分泌量が増える排卵日の前日を予測して検査を行います。

ここでは、ツベルクリン用の注射器を使い子宮口付近の粘液を吸い取ります。採取した粘液の量、透明度、pH(酸性度合いを示す値)や粘度(粘液が糸を引く度合い)を調べます。
また、粘液の一部をガラス板の上で自然乾燥して結晶化させ、結晶の形や出来具合を顕微鏡で調べます。 排卵との関係 頸管粘液は、排卵日前日に分泌量がピークになり、分泌物のpHは7.0~8.5と中世~弱アルカリ性に変化するため、精子が奥へ進みやすい環境になっています。

そのため、分泌量が増えていてpH7.0~8.5を示していれば排卵があると判断できます。

また、排卵日近づくほど結晶がハッキリとしたシダ状になり、排卵日には十字の結晶が現れ、排卵後には結晶しません。そのため、排卵日前日に採取したはずの粘液が結晶していなかった場合、無排卵の可能性や排卵日がずれた可能性等が考えられるのです。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5598件)

show

求人情報

show
カレンダー

よく見られているブログランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る