能天気な薬学生による徒然ブログ
思ったこと、感じたことを普段から能天気に生存している薬学生がつづるブログ。

ポン太さんのブログ

ポン太さんのプロフィールへ
その他

昔ながらの薬売りのじいさん

投稿者:ポン太 投稿日:12/05/31 16:18 view222view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:6人

今下宿している祖母の家には、「配置薬」なるものがあります。

皆さんのお家にはおありでしょうか?


N県に本社を構えている某企業が年に2回、春と秋に来て薬を売りに来てくれるのですが・・・・。


ここ2~3年いつも来てくれる人(おじいさん)が来なかったので、祖母が「じいさんぽっくり逝っちゃったかしら・・・」とぼやいていたのですが・・・。


なんと、今日いらっしゃいました

初めて噂の(?)薬売りのおじいさんにお会いしたのですが、ヨタヨタして危なげなのですが、頭ははっきりそしてよくしゃべる(爆)

おじいさん:「あんた冬か春生まれでしょ?」
私:「何でわかるんですか?(冬生まれ)」
おじいさん:「いや~18歳で学校出てから60年ずっとこの仕事やってるからね~わかるんだよ」
私:「なるほど!!」
おじいさん:「ちなみに冬生まれは文系が得意なんだよ、ま、一般論だけどね!」
私:「お~~~」

実は私、化学・物理よりも国・英・社の方が得意なのです・・・・・(おい)
こないだの韓国旅行で占ってもらった時も言語系が得意と言われたし。

さすが、60年薬売り歩いてるだけあるな~!!


おじいさん:「ここしばらく来れなかったから、随分薬なくなったみたいだから、補充しておくね!」

・・・・と言って大きな黒いリュックから取り出したのは、なんと「つづら」

すっごい昔ながらの竹の箱から薬を出して渡してくれました(wikiの写真に載ってるような、博物館にありそうなやつ)
中をちらっと見ましたが、「大きさ」を抜かせば使い勝手良さそうでした。仕切りがちゃんとあって薬ごとに分けて入れられるし。

思わず写真撮らせてもらえないかと言いそうでしたが、さすがに失礼かなと思い、断念しました。

あの大きくてかさばるけど、案外軽いつづらを背負って60年間、薬を売っていたんだな~と思うとなんか感激します。


その後、二つ三つ健康に関するアドバイスをしておじいさんはバイクに乗って去っていきました。
うちの祖母とは昔からのつきあいのようで、「おばあさん、まだ踊りやってるんでしょ?息子さん八百屋だよね、確か。元気?」とうちの家族関係をよく御存じで、そしてよく覚えていらっしゃいました。


なんか薬剤師の原点(?)的なものがちらりと垣間見えた気がします


追記:買ったら800円以上する目薬(OTC)をおまけにくれました

 

コメント

回答:7件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19804件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る