クルルの冒険
初めてチャレンジしてみます。

クルルさんのブログ

クルルさんのプロフィールへ
調剤薬局

実務実習時に使える知識と使えない知識

投稿者:クルル 投稿日:11/10/29 17:49 view253view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:8人

実習中、学生さんへ質問しますが
どうも丸暗記のような返事が多いですね
そういう覚え方だと
いざという時に度忘れすると終わるので
知識は暗記でなく関連性を持たせて
使える知識として習得しよう!

例えば、
Q:糖尿病患者のよくでる自覚症状について答えてください!
A:疲労感、口渇、、、あとなんだっけ?
「覚えたんだけど思いだせないです。。」
という感じの答えが多いので使えない知識となります。


◎下記のようにどういう原理でそうなるか理解することがポイントです。(ザックリですみませんが)

   (アミノ酸・グリセロールからの)糖新生亢進→「体重減少」
     ↑  
●糖利用(代謝)低下→エネルギー効率低下→「だるさ・疲労感」
     ↓
   血液が高浸透圧→細胞から水分が血液に流れ込む→水分の排泄促進→「尿量増加」、「頻尿」
                   ↓          ↓
              体内脱水状態→「口渇」  体液バランス変化→「疲労・だるさ出現」


・あと、下の項目の自覚症状もそんな感じで丸暗記でなく調べておくとよいでしょう
高血糖による糖尿病性昏睡→顔面蒼白、血圧低下、アセトン臭、クスマウル呼吸。。
                                  (↑どうして甘ったるい臭いするのか?調べてね)
低血糖→顔面蒼白、不穏、振戦、発汗、頭痛。。
      (ある意味空腹状態で出現するので、経験したことある?みたいな^^;)
 

あと実習中の質問で高血糖ってどれくらいから危ないかわかる?という質問
→「200」以上いったらもう大変と思ってるようですね(笑)
逆に低血糖はそんなに危なくないとも考えているようですが
かなり認識の違いを感じました。低く管理しないとダメと刷り込まれているのかな?
高すぎても、もちろんあれだが救急車呼ぶ頻度も違う
柔軟な対応はやはり現場にいないとわからないとは思います^^
まあ、いまの学生さんの懸念材料は、
大学で教えてるのと違うといわれることもあり、
(それは誤った知識を習得しただけだろうとは突っ込まないが)
あとで「実習ではそう習わなかった」と言い訳されそうで
思いやられそうな学生でないことを祈る!!(笑)

コメント

回答:2件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る