薬学生の終わりと薬剤師の始まり
私の薬学生の頃や薬剤師から始まるお話を今後は話していきたい思います。
ぜひともよろしくお願いします。

zyu-dasuさんのブログ

zyu-dasuさんのプロフィールへ
病院

薬剤学実習 第三日目

投稿者:zyu-dasu 投稿日:12/05/31 22:53 view188view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:19人

皆さんこんばんは。zyu-dasuです。
薬剤学実習第三日目です。今日やった内容は注射剤の調整(ビタメジンとアンプルの調製)です。
今回は制限時間5分以内で終了させることを目標することです。ビタメジンの調製は5分以内で。
アンプルの調製は3分以内を目標にすることです。後は単純な片づけとガウンをきれいに折りたたんで終了です。
普通の人なら制限時間で終わりきった人もいれば終わりきれなかった人もいます。私は後者(制限時間で終わらなかった人です。)です。ほとんどの人は注射液をこぼした人が多かったです。私の場合はかなり緊張したため手順が覚えれなかったです。
注射剤の調製の時に空気を抜いて目的の液を全てとる作業や手袋やガウンの折りたたみ方や結び方などが大変手間取りました。それで私は涙目になりかなりへこんでいます。「自分は薬剤師になる資格などない、その前に自分はOSCEに受かる資格があるかどうか。そして薬学部をあきらめた方が身のため」など絶望や自分の非力さを悔やんでいます。一言でいえば普段から慣れないことをしました。理由はガウンの場合は後ろでしばらなければならないのが悪戦苦闘をしました。そもそもガウンの折りたたみ方がうまくいかなった理由は白衣のたたみ方もできていないと確信したからです。
このブログを見た人が現役の薬剤師にしてみれば軽く受け流されてされてしまうのが関の山でしょうね。「何だ簡単なことで悩んでいるのか」と一蹴されてしまいます。共感できる人がいるなら幸いです。たぶん共感よりもただ厳しい一言が帰ってくると思います。とにかくは私は深刻に考えています。

コメント

回答:4件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る