こころのアンテナ
小学生の時にある先生から頂いた言葉です。いつまでも「こころのアンテナ」を立てていろんな事を経験し学びたいと思っています。

maruさんのブログ

maruさんのプロフィールへ
病院

被災地気仙沼市(宮城県)でみたもの 4.カオスの自宅内

投稿者:maru 投稿日:11/03/30 16:44 view149view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:4人

眠れなかった夜が明け、兄に起こされたのが7時…その前に、薄っすら記憶にある「朝だぞー、起ぎろー」という父の声は、多分6時くらい。ぐっすり眠れたから早起きだったのか、それとも眠れずに朝を迎えてしまったのかわかりませんが、外に出てみると父はすでに家の前に広がる瓦礫の山を片付けていました。

 足元を見ると、小さなバケツの水が凍っていました。私は幸運にも冬用の寝袋だったので、寝ている間はそれほど寒さを感じませんでしたが、避難所の人たちはこんな寒さの中毛布1枚で寝ているのです。

 


 
自宅2階から見た庭 

 
冷たい冷凍チキンナゲット1袋と、おにぎり数個の朝食をさっさと終え、父と兄と3人で片づけを始めました。ふと、そういえば本堂はどうなっているんだろうと思い、家の中に入ってみました。これが私の見た自宅茶の間と本堂内の写真です。
 


茶の間




本堂



白いふすまを見ると、どれほど水位があったかわかります


 
予想はしていたけれど、実際見てみると正直キツイものがありました。小さい頃にクレヨンで描いた祖父の絵も、うれしくて飾ってもらっていた賞状も、祖母の大切な着物も、お寺で管理している帳票も、本堂の大切な仏像も、全部ぜんぶ流されたりぐちゃぐちゃになっていました。海水+泥水、しかも発生から10日以上も経っていてもうどうにもならない状態でした。
 

 
10時頃に、町のみんなが避難している中学校に行ってみることにしました。中学校までの道中ひとつも建物がなく、道路も完全に泥とジャリに変わってしまっていたので、小さな町なのにどこを通れば目的地にたどり着くのか何度もわからなくなりました。
 

歩いていると何度か自衛隊員の方とすれ違いました



小学生の時、6年登った登校坂。トトロが住んでると言われていた、坂の横の森もすっかりなくなってしまいました。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show
カレンダー
カテゴリ
ブログ履歴

よく見られているブログランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る