新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医療用/一般用医薬品の違い

<<前の記事へ

次の記事へ>>

6.トラベルミン|ドラッグストア編|医療用/一般用医薬品の違い

6.トラベルミン|ドラッグストア編|医療用/一般用医薬品の違い

2009年10月27日 (火) 07時00分配信 投稿日:09/10/27 07:00 icon_view 622view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 622view

■トラベルミン(ドラッグストア編)



薬剤師さん、あなたは知ってますか?「トラベルミンとトラベルミンの違い」

昔から、乗り物酔いの薬といえばトラベルミン、といわれるほど、よく知られている名前。 患者さんの中には医療用医薬品に「トラベルミン」があることに、びっくりされる方もいらっしゃるかも知れません。
もし、こんな患者さん・お客さんがいらっしゃったら、どうします?

image1
表1.トラベルミン比較表


■事例1.トラベルミンRの違い



状況:(患者さん)
この「トラベルミンR」というのは、お医者さんでもらうトラベルミンと同じ?どこが違うの?

考えること・思うこと:
医療用のトラベルミンって、何が入ってたっけ・・・。

対応のヒント:
医療用医薬品のトラベルミン:ジフェンヒドラミンサリチル酸塩、ジプロフィリン
一般用医薬品のトラベルミンR:ジフェニドール塩酸塩、スコポラミン臭化水素酸塩水和物、無水カフェイン、ピリドキシン塩酸塩

「こちらのトラベルミンでしたら、お医者さんでもらうトラベルミンと成分がまったく同じなんですが、トラベルミンRは、入っている成分が違います。こちらのほうが、比較的眠気が少ないといわれています。ただ、眠気がまったく起きないわけではありませんし、目のちらつきやまぶしさなどがみられることもあるので、服用後に運転したり、機械の操作や高いところでの作業、遊びなどはしないようにして下さい」


■事例2. てんかんの患者さん



状況:(患者さん)
トラベルミン、てんかんの人はのまないほうがいいって、お医者さんが言っていましたけど、これは大丈夫なんですか。

考えること・思うこと:
てんかんの人は注意ということはキサンチン系か・・・。

対応のヒント:
医療用医薬品のトラベルミンにはジプロフィリンが入っているため、てんかんの患者には、慎重投与となっている(中枢刺激作用によって発作を誘発するおそれがあるため)。 一般用医薬品のトラベルミンには、ジプロフィリン配合のもの(トラベルミン、トラベルミン・ジュニア)と配合していないものがある。

「ジプロフィリンという成分が、発作を起こすおそれがあるので、お医者さんはのまないほうがいいと言われたんだと思います。一般用医薬品のトラベルミンにはいろいろな種類があって、その成分が入っていないものもあるんです。こちらのトラベルミンチュロップやトラベルミンファミリーでしたら、ジプロフィリンも、その仲間であるカフェインも入っていませんから、比較的安心ですよ」


■事例3. 吐き気



状況:(患者さん)
吐き気がするんですけど、トラベルミンをのんでみてもいいでしょうか。

考えること・思うこと:
えっ、どうだろう。効くのかなぁ。

対応のヒント:
食べすぎ、飲みすぎ、食あたり、かぜ、めまい、便秘など、吐き気の原因となるものは多い。まずはその確認を。

「吐き気の原因として、何か思い当たることはありませんか・・・熱があって気持ち悪いんでしたら、トラベルミンをのんでも楽にならないと思いますよ・・・」


◆参考

image2


著者:堀美智子

Good15

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20171件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る