新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医療用/一般用医薬品の違い

<<前の記事へ

次の記事へ>>

3.バファリン|調剤薬局編|医療用/一般用医薬品の違い

3.バファリン|調剤薬局編|医療用/一般用医薬品の違い

2009年07月28日 (火) 10時27分配信 投稿日:09/07/28 10:27 icon_view 498view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 498view

■この記事について



医療用医薬品でも一般用医薬品でも、よく知られている「バファリン」。こんなに多くの種類があること、ご存知でしたか。それぞれの違、はわかります?

「私は、調剤専門だから」「私は、OTC薬 販売専門だから」と安心してはいられません。
もし、こんな患者さん・お客さんがいらっしゃったら、どうします?

image
表1.バファリン比較表


■事例1. 狭心症のため、血栓予防にバファリン81mg錠が処方された。



状況:
(患者さん)
なーんだバファリンか。わざわざ病院に来なくても、ドラッグストアで買えるじゃん。

考えること・思うこと:
バファリンは有名だから仕方ないけど・・・。

対応のヒント:
アスピリンは、血小板のシクロオキシゲナーゼを不可逆的に阻害して血小板のトロンボキサンA2(TXA2)の産生を抑制し、血小板凝集抑制作用を示す。
一方、血管内皮細胞のシクロオキシゲナーゼも阻害してプロスタサイクリン(PGI2)の生成も抑制するため、血小板凝集抑制作用が減弱する可能性があるが、少量であればTXA2の産生のみ抑制するとされる。そのため抗血小板薬としては、低用量アスピリンが用 いられる。

以前は、この目的で、医療用医薬品の「小児用バファリン」が使われていた。一般用医薬品にも「小児用バファリン(アセトアミノフェン製剤)」があり、非常に紛らわしかったため、名称が「バファリン81mg錠」と改められた経緯がある。

「一般用医薬品にもバファリンはあるんですが、あちらは熱を下げたり、痛みをやわらげたりする目的のお薬なので、入っている成分の種類や成分の量が違うんですよ。市販のどのバファリンも、バファリン81mg錠とは違いますから、この薬の代わりにはなり ませんから、毎日、きちんとのんで、定期的に受診するようにして下さいね」


■事例2. 水疱瘡の5歳児。アセトアミノフェン製剤が処方された。



(母親に、家で何か薬を飲ませたか、聞いたところ)
状況:(お母さん)
昨夜、熱が高かったので、バファリンをのませました、オレンジ色の。

考えること・思うこと:
バファリンということはアスピリン?水疱瘡なのに?ドラッグストアで確認しなかったのかなぁ。あれ、アセトアミノフェン製剤もあるんだ。

対応のヒント:
サリチル酸系製剤はライ症候群との関連性が疑われ、15歳未満の小児で、水痘やインフルエンザなどのウイルス性疾患の先行にみられることが多い。そのため、アスピリンやサザピリンは、原則として15歳未満の小児には使用しないこと、エテンザミドやサリチ ルアミドは、水痘やインフルエンザの疑いがある15歳未満の小児への使用は避けることとされている。
医療用医薬品のバファリンはいずれもアスピリン製剤だが、一般用医薬品では、アスピリン以外の解熱鎮痛成分を配合した商品もある。

その中で、5歳児に使用できるのは「小児用バファリンチュアブル」だけ。錠剤の色は、バファリン81mg錠と似たオレンジ色だが、こちらはアセトアミノフェンの単味製剤。

「そうでしたか。大変でしたね。今日も熱を下げるお薬が出ていますが、バファリンチュアブルと同じ成分なので、一緒にのんだりしないで下さいね。熱は汗がでて下がりますから、こまめに水分を摂らせてあげて下さい。イオン飲料やバナナやリンゴのジュー スなどがいいですね」

「これからも、突然、熱が出たり歯が痛くなったりして、一般用のお薬で対応されることもあるかもしれませんが、大人用のバファリンはお子さんには使わないで下さい。量を減らしても、ダメですから。お薬を買われるときは、お子さんの年齢も伝えて下さいね」


■事例3. 心筋梗塞の発作のため、バファリン81mg錠を服用したところ、喘息を起こしたことがある



状況:
(患者さん)
「アスピリン喘息」って言われたんだけど、アスピリン以外は大丈夫なんだよね?

考えること・思うこと
心筋梗塞に、アスピリン喘息、大変でしたね。また同じことを繰り返さないようにしてあげなくちゃ。

対応のヒント
バイアスピリン錠100mgの添付文書には、「急性心筋梗塞・脳梗塞急性期の初期治療で抗血小板作用の発現を急ぐ場合、初回投与時には本剤をすりつぶしたり、噛み砕いたりして服用すること」との記載がある。
バファリン81mg錠も同様の目的で使用されることがあるが、バイアスピリン錠が腸溶錠で溶解に時間を要するのに対して、バファリンは効果の発現が速いため、「すりつぶしたり、噛み砕いたり」との記載はない。

「アスピリン喘息」と呼ばれることが多いが、「非ステロイド性抗炎症薬・解熱鎮痛薬による喘息発作」と言ったほうが正確。ほとんどの解熱鎮痛薬(坐薬などの外用薬、注射薬も含む)、外用消炎鎮痛薬、抗炎症成分を配合した点眼薬も原因となる。香辛料、 着色料(タートラジン:黄色4号など)、防腐剤(パラベン、安息香酸ナトリウムなど)、香料・清涼化剤(ミントなど)によって悪化することもある。

「アスピリン喘息は、アスピリンだけで起こるものではないんです。アスピリン以外にも解熱剤や痛み止め、かぜ薬、湿布薬や塗り薬、目薬に使われている成分などでも起こってしまうこともあります。熱や痛みが出たときにどうしたらいいか、主治医の先生と、あらかじめご相談しておいて下さい。病院を受診したり、薬を買ったりするときは、アスピリン喘息のことを必ず伝えて下さい。お薬手帳に、お書きしましょうか」

「人によっては、食品添加物の成分やミント、ハッカなどで具合が悪くなることもあるようです。歯を磨いていて息苦しくなったりするようなときは、すぐに使用をやめて、ご連絡下さい」


◆参考


image2
表2.バファリン調剤薬局編まとめ

・医療用医薬品の「バファリン」 エーザイ
・一般用医薬品の「バファリン」 ライオン

<アスピリン喘息>
重篤副作用疾患別対応マニュアル(非ステロイド性抗炎症薬による喘息発作) (PDF)

<頭痛>
慢性頭痛治療ガイドライン(PDF)
頭痛大学

著者:堀美智子

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5652件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月16日~09月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月16日~09月23日

もっと見る